折り返し地点

折り返し地点

アジアでの冬越しも、そろそろ折り返し地点にきました。 ここバンコクで滞在しているアパートは、小さいので掃除がすぐに終わります。キッチンも小さめだけれど、使っているうちに慣れました。タイでは安く外食もできますが、息子が外で食べたがらないので、私が作るしかないのです。 オーブンがないので、フライパンでビスケットを焼いたり、フライパンの蓋がないのでアルミホイルで代用したり(←これは結構使えます)、手近にある材料で必要な道具を作ったり、と、キャンプのような生活。ものがたくさんあれば不自由しませんが、こんな工夫もなかなか面白いです。 長野の家も、このくらい小さくてものが少ないと手入れが楽だなぁ。50歳に向かって、住まいや持ち物をスリム化させ、身の回りの整理も加速しなければと思うこの頃です。 (トップ画像、右が夫が好んで食べるバナナ。日本で手に入るバナナに似ています。左は私のバナナ。花のような香りで、もっちりとしています)。 このホームページにもすこしずつ手を入れて、ご覧頂きやすくなるように作業をしています。トップページも軽くして、ブログもカテゴリー別に分類して、、、と、やりはじめるとできることは尽きません。日本に帰ったらなかなかホームページには手をつけられないので、いまのうちに。 そういえば、今年の展示予定をアップしながら、過去の展示とイベントを見返していました。2012年には、個展とクラフトフェア参加の合計がなんと9つ!いまでは考えられない数です。あの頃は、頑張りすぎて体調を崩し、疲れ果てていたのを思い出します。 オンラインストアを始めてから、展示会やクラフトフェアでお会するみなさまだけでなく、遠くの県や海外のみなさまとのご縁もいただきました。ありがたいことです。 みなさまにお会いするのはとても楽しみですし、実際に作品をご覧いただく機会も毎年もちたいので、このくらいのペースで展示会を続けられたらいいなと考えています。 もちろんオンラインストアも定期的に開いていくつもりです。今年の春は4月と6月に開きたいと考えていますので、日程が決まったらこのブログとニュースレターでお知らせしますね。

チャイナタウンとリトルインディアへ

チャイナタウンとリトルインディアへ

日本からいらっしゃっているYさんと旦那さまにお会いするために、チャイナタウンへ。 いつものお店で貝ボタンを買い足し、漢方薬局に寄ってから、待ち合わせ場所のリトルインディアへ向かいます。チャイナタウンの外れにあり、店番をしている人の顔ぶれがかわってくるのが(要するにインド系の人が多くなってくる)リトルインディアとの境。いつ行っても面白いエリアです。 そういえば、リトルインディアには猫がうようよしています。それは、とあるげっ歯類を捕まえるためでは?といつも思うのですが、げっ歯類の苦手なYさんには内緒にしています。 私のブログで見てくださって、行きたいと思っていらしたという、いつものインドレストランへ。私より早くにお店を発見なさったYさんに驚きました。そして、お二人とも十数年タイに通っていらっしゃるだけあって、そのくらいの辛いものもへっちゃら(チャイナタウンの中もよくご存知)。いやー、ペナンの南インド料理レストランの数々にお連れしたいと思いました。YさんとTさん、楽しい時間と上等なお土産もたくさんありがとうございました!   インドレストランでYさんたちとお話をしていて、自分の口からうまく言葉がでてこないことに愕然としました。せっかくのYさんの楽しいお話なのに、対応する私の日本語会話レベルが低すぎます。毎日の話し相手が11歳の子供しかいないため、退化したのでしょう。母国語でも、漢字を書かないでいると書けなくなりますものね。息子の日本語の語彙が少ないなぁ、と最近気づいたのですが、私があえて難しい言葉を使わないためでは?あぁ、これから毎日大人の言葉で息子と話をしよう、と思ったのでした。     横着して使っていた、カルダモンの効いたチャイミックスがちょうど終了。ちょどこの機会にと思って、お茶を売っているお店へ寄りましたが、残念ながら品切れ。 代わりに、別のインドおじさんのお店へ。店というよりも、壁の隙間に物を山積みにした前に、おじさんが立っているだけの場所です。おじさんは頭にターバンをしていて、なんとなく英語がわかります。 私が「カルダモン・ティー下さい」というと、「何?カルダモン?スティックでいいかね?」とおじさん。チャイミックスがスティック状の袋に入っているものかな?と思い、「いいですよ」と返事をする私。 店の裏に回って若い者に何かいいつけたかと思うと、おじさんが握りしめて戻ってきたのは、長さ60センチくらいのシナモンスティック一本。「いや、それじゃあなくて、、、、」と、心のなかで思いつつ、大げさにお茶を飲む動作をしてようやく通じました。今度はおいしそうなチャイミックスを持ってきてくれました。 きっと、マサラティーとかチャイといえばよかったのです。あの長いシナモンをそのまま買ってきて、紅茶にいれてもおいしいですけどね。 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存

3度目の停電

3度目の停電

西日を遮っているカーテンを日没後に開けるのが日課になっています。先日は、開けたとたん、すぐ目の前の電線にリスが走って渡っているのをみつけ、息子を呼んで一緒に見物していました。 エゾリスのようなグレーの毛で、所々白い毛が目立ちます。バンコクの真ん中でも電線にリスがいるのはよくあること。その辺にパイソンや大ガエルだっているのですから、しばらく前まで、集落の中に沼地や小川が入り組んでいたことを思わせます。 リス見物のあと、夕ご飯の支度をしようとしたところで、「バッチーン」と轟音がして停電。またか、、、と思い外を見ると、門番のおじさんが、先ほどのリスを手にぶら下げて、住人に原因を説明しているらしき場面が目に入りました。停電の犯人のリスは、完全にのびきっていました。 すぐに竹のはしごを載せたトラックがきて、おじさんが塀に登り、竹の棒で電線を操作しはじめました。棒の先は絶縁してあるらしいのですが、見ているだけでハラハラ。ヘルメットも手袋もしていないし、足元はビーチサンダル。でも、こんなことはよくあるようで、慣れた手つきで外れていたらしい部分を元に戻し、車に乗っておじさんたちは去っていきました。その後、無事に電気も復旧。 安全第四くらいなのかな?こんな時、発展途上国にいるのだなということを改めて感じます。 息子のスイミングレッスンも今日から再開です。夫に連れていってもらい、写真も撮ってきてくれるようにお願いしました(写真はすべて夫撮影。ゲーテ・インスティチュートにて)。 水曜日のクラスは、ゲーテ・インスティチュート(ドイツ文化センター)のプールで開かれています。コロニアルのお屋敷に庭がありプール付きという豪華さ(スイミングスクールがここのプールを借りているというだけの話)。 アリアンス・フランセーズ(仏文化協会)もとても立派な施設ですが、プールはなかったなぁ。 バンコク日本文化センターにも図書館があり、日本映画の上映もあって足を運びやすいのでが、こちらはビルのワンフロア、、などと余計なことを比べてしまいます。しかし、ゲーテ・インスティチュートとは立派な名前ですね。日本文化センターでなかったら、夏目漱石協会といったところでしょうか。 私が小学校のころなど、25mプールにクラス全員が入るので、一人一人が泳ぐ時間も短かったのを覚えています。遊び時間は芋の子を洗うようになりましたし、、。冬じゅう思う存分泳げる息子のこの環境、とても羨ましく思います。せいぜい頑張ってほしいものです。 保存保存保存保存 保存保存保存保存保存保存 保存保存 保存保存 保存保存

おめでとうございます!

おめでとうございます!

あけましておめでとうございます! 今年もみなさまがご健康でお幸せな一年となりますよう、お祈りいたします。 ブログも制作も細々と続けていきますので、どうぞおつきあいくださいませ。 戌年ということで、なにかと犬が話題に取り上げられていますね。犬好きには嬉しい新年の始まりです。(数年前、タイ南部でみかけた留守番犬↑)   こちらに来て、ちょうど一ヶ月。お正月早々、入国管理局で滞在の延長をしてきました。これでしばらくまたタイにいられます。 今いるアパートに滞在するのも三冬目。近所の様子もわかってきて、どこに何があるかも覚え、住みやすくなりました。 毎日の食料の買い出しは、夫の役目です。夫もタイ語を使う機会ができて一石二鳥。そのため、日本にいる時よりも仕事が減って楽をしている私です(日本を出てくる日、夫がお皿を二枚割った上、南部鉄器のフライパンをモウモウと煙がでるまで焼き切ってしまったことには目をつぶろうと思います)。 そういえば、年末に、こちらのオンラインショップで生活に必要なものを注文してみるという技にも挑戦しました。 カートに入れる作業などは難しくありませんでした。が、海外からの不正使用を疑われ、クレジットカードがロックされてしまったので、オンライン銀行で支払い(その後ロックは解除してもらいました)。配達当日にタイ語で電話がかかってきて、在宅予定を確認。タイ語だったので焦りましたが、あちらも「ファラン(ガイジンだ)!」と慌てていました←英語の分かる人に代わってもらいました。配達直前にも確認電話。そしてなんと、3つのものが、3つとも予定時間通りに届いたのです。 日本の流通サービスと比べて、まったく遜色がないばかりか、再配達の必要がないこちらの方が、お互いに負担がかからず優れているのでは?と思う出来事でもありました。タイでもオンラインショッピングをする人口が増えているということなのでしょうか。 逆に、郵便局を使うと、大きなものやEMSなどは、自ら局に取りに行く必要があり、不便だったりします。マレーシアの郵便局も再配達なんてしてくれなかったなぁ、、。 バンコクも便利ですが、慣れていろいろわかってきた頃、また新しい土地に行きたくなります。今度はどこへ行くのでしょうか。

よいお年を!

よいお年を!

年末の休暇に入りました。向かいのアパートでは里帰りするひとも多いようで、なんだかガラガラ。通り沿いの店は閉まり、街も静かになり、通りを走る車もまばら。 先週、空気の大気質指数が180近くまで上がりました。すぐ近くのビルもかすんで見えるほど。朝から鼻も耳もつまるし、咳は止まらないわ、、、そんな時にうっかり外出したため、あとでひどい目にあいました。 それがこの週末、きれいな空気に戻りました(数値50以下がきれいな空気とされます)。街を走る車が減っただけで、こんなに違うなんて。普段は渋滞で有名なバンコク。古い型のディーゼル車も黒煙を撒き散らしながら走っていますしね。 最近は、バンコクでもマスクをしている人を見かけるようになりました。空気の悪さを身をもって感じているのは、気管支が弱点の私だけではないはず。 …………. 下の野菜は、タイやベトナムで食べられている酸味のある漬物。タイ語でパッカドン。高菜の仲間である、マスタード・リーフという野菜を漬けたものだそうです。近所のマーケットで買っていますが、作り方も簡単なので、日本へ帰ったら漬けてみたいです(日本では缶詰が手に入ります)。 このパッカドンを適当に切って、スペアリブと煮ます。いい出汁の簡単スープ(トム・チュー・パッカドン)が出来上がり。細めに切って、卵と一緒に炒めてもおいしいです。   さて、いよいよ明日から新年ですね。みなさまもどうぞよいお年をお迎えくださいませ。 今年もみなさまからのあたたかな応援をいただき、感謝いたします!このブログにもおつきあいくださりどうもありがとうございました。 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存

冬のバンコク

冬のバンコク

涼しい風の吹く、さわやかな週末でした。たしか去年も、12月中はプールにあまり入らなかった覚えがあります。これがバンコクの冬ですね。 こちらに来て、天気予報とともに毎朝チェックするのは、バンコクのPM2.5速報。かなりの数値が出ているのをみると、窓を開けるのはやめようか、、、ということになります。今日は窓も全開でした。 長野にいるときは気にすることもないのは、きれいな空気を当たり前と思っているから。きれいな空気というのも、アジア圏内ではなかなか貴重なものだと気付かされます。   今回持ってきた、この下のブラウス(シワシワにして着ています)。細い糸で織られた、最高クオリティのリネン生地で作ったもの。私には袖が長めだったので、チョキンと切って三つ折り縫いしたら、軽く着やすくなりました。深い紺藍色も気に入っています。 直線裁ちに凝っていた何年か前のものですが、着てみると後ろと両脇が落ちて、平面とは違った形になります。こんなのもいいなぁ、と今更ながら思いますが、作ったときはあまり人気がなかったのです。なぜかなぁ?     午前中は、ケープの縫い代をくるむバイアステープ作り。いく通りか作り方はありますが、私はリネン生地をバイアスにカットし、縫い合わせて長くして使います。 長野のアトリエにいれば、カッティングマットの上に生地をのせて、ロータリーカッターでジャーっと切ります。ですが、こちらにその道具(どちらもOLFA!)は持ってきていません。鉛筆で線を引いて、一本一本ハサミでジョキジョキ切ります。 今週は、過ごしやすい日が続くようです。 この涼しいうちに、カシミアを縫う作業は終わらせておきたいもの。すべて息子の家庭学習の進み具合にかかっているので(息子が勉強しないと、私も仕事に没頭できません!)、ほめつつだましつつ(?)やっていきますね。 保存保存 保存保存

バンコクでの冬越しはじまり

バンコクでの冬越しはじまり

バンコクでの生活がまた始まりました。 こちらでは、海外に住む小・中学生用の教材に沿って家で勉強している息子。日本語は読みも書くこともまだ苦手で、見てやらないとなりません。 日本の学校は教育の質も高く(しかも公立はほとんど無料ですし)、安心して学校に預けておけるというのは、改めて本当にありがたいことだと思います。 そんな訳で、なかなか思うように自分の仕事が進みません。あれもやろう、これもやろうと、調子に乗って結構な量の材料や道具を持ってきたのです。カシミアのケープも仕上げてから帰りたいです。一体どこまでできるのでしょうか? 昨日は夕食後、いきなり「バッチン」という轟音がして、停電となりました。エアコンも照明も切れて、部屋の中は真っ暗。向かいのアパートも同じ目に遭ったようで、住人がワラワラと外に出てきます。 管理人事務所の人たちは帰ってしまった時間だったので、夫がボソリと「明日の朝まで停電だな」つぶやきます。どんどん暗くなってきて、焦りまくる私。窓には網戸がついていないので、夜に窓をあけて寝るのは蚊を招き入れるようなもの。デング熱にかかるのはごめんです。 「あの店に蚊帳用のネットがあったはず」と思い出し、急いで蚊帳とナイロンロープを買いに走りました。 帰ってくると、竹のはしごを持ち出したおじさんたちが庭に来ていて、なにやら復旧工事が始まっていました(←ローテク)。バルコニーから見ていた夫が「全然進展してないみたい」と。日本だったら苦情がガンガンと電力会社へ行くのではないでしょうか?さすがここはのんびりしています。 蚊帳を広げて、四苦八苦して部屋の隅にかけるところを急ごしらえし、四隅を吊るし終わって、ヤッター!!というところでなんと電気が復旧。がく〜っと力が抜けました。嬉しいような悲しいような、、、。 ペナンに住んでいるときは、同じようにアパートに網戸がついていなかったのです。毎日、日が落ちると蚊が大量に家に入ってくるので、とても起きていられませんでした。夕食後はシャワーを浴びて、さっさと蚊帳の中に飛び込んだものでした(その後、窓を閉めてエアコンを入れるという術を身につけましたが)。 まあ、こんなことはまたあるでしょう。蚊帳の準備だけでなく、懐中電灯の電池残量をチェックしたり、次回の心構えもできたので、よしとしましょう。エレベーターの中にいるときでなかったのが何よりです(考えただけで恐ろしい)。 近所の様子を撮ったので、何枚か載せますね(通りの電線のすごさを見てください!)。下は近くのお屋敷のハスキー。ハスキーはやっぱりかわいいなぁ。今年の4月には子犬だったのに、もう中くらいのサイズになっていました。タイの気候はさぞ暑いだろうなと思うのですが、毛を刈ってもらっているようです。 今日のおやつ。 バナナの葉っぱに包まれた、もち米のスウィーツ。ピンク色はバナナ。黒豆のような豆が入っています。ココナツミルクでほんのり甘い。 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存

あと一週間

あと一週間

毎朝、「海へ・・・」ボトルの凍りぐあいで、朝の最低気温を推測するこの頃です←結局外に出したまま。 冷えた朝、霜でおおわれた地面を歩くと、シャリシャリ音がします(なんだか楽しい)。 ・・・・・・ この秋から塩豚を作っています(近所のお店では、おいしいベーコンがなかなか見つからないので)。 バラ肉を買ってきて、適当に切ってからたっぷりの塩に埋めるだけ。タッパーごと冷蔵庫に入れておきます。水分が抜けて少し茶色になったところで食べます。 保存も効くし、少し塩抜きをすればベーコン代わりに使えて便利(塩抜きしないとかなりしょっぱい)。この週末には、たっぷりの玉ねぎやニンニク、大豆と煮てスープにしました。 ここから出して、空気中で熟成させてもよいのだそうですが、怖くてまだ試していません。生で食べる勇気もまだありません。アトリエが冷蔵庫並みに寒いので、あちらへ吊るしておこうか考え中です。   去年とおととしに作った、バルーンスリーブのブラウスの新バージョン。見頃のボリュームをすこし落とし、ギャザーを入れてみました。夫の「なに?スカートが両脇にぶら下がっているの?」とのコメント。 (ちなみに、昨日縫ったカシュクールを着てみたら、それを父が見て、「なに?囚人服?」。・・・見せる人を考えないといけません)。   タイに向けて出発するのも、気が付いたらもう一週間後。焦りを感じる毎日です。 持って行く荷物をなるべく少なくするために、今月は頑張ってバターン制作の作業も進めてきました。いつもお世話になっている滋賀県のHさんに、来年のカディのものなど縫っていただくことになっています。その準備ももう終わりそうでホッとしています。 このあとは一気に荷造りです。 保存保存 保存保存保存保存 保存保存保存保存 保存保存

冬のはじまり

冬のはじまり

今年も冬の朝がきました。 霜が降りて凍った木の葉が、日の出とともにパラパラと落ちてきました。 洗濯をしに外へいくと、「海へ、、、」のボトルがカチカチに凍結していました。凍って困るものは、もう家のなかに入れないとだめですねぇ。(洗濯機は外に置いているのです)。   母に職業用ミシンをかりてきて、自宅にそのミシンを持ち込んで縫っているこの頃です。今年は、アトリエのストーブを自宅に持ってきてしまいました。もう寒くてアトリエでの作業はギブアップしたのです。 今まで、アトリエにあるブラザーの工業用ミシンが一番、と、ずっと信奉していました。ですが、同じくブラザーのこの職業用ミシンがなかなか優秀であることをこのたび発見。 「ここで止めたい」という最後の一針でピタッと止まるし、卓上ミシンとは思えぬほど縫い目もきれい。スピードもそれほどないので、手縫いに近い感覚で縫うことができます。縫いの苦手な私には、こちらの方がいいのかもしれません。 日本製の機械というのは、誰にでも使いやすいこと(親切設計!)、故障が少なく、そして全体的に質が高いことが特徴ではないでしょうか。車やカメラなどもそうですよね。強い個性はありませんが、クセに惑わされることもないように感じます。 ロンドンにいる時に、「ミシンはスイス製が一番」と言っていたデザイナーがいました。おそらく彼女の作るものにあった個性的なミシンなのでしょう。私は今のところブラザーで大満足です。   秋にご近所からいただいた、秋映えという真っ赤なりんご。 食べきれないほどあったので、一個を8つに切って、塩水(1%)につけてから干してみました。お皿にのっているのがりんご一個分。干すとギュッと小さくなりますよね。十個分干しても、ざる一杯分にしかなりません。 生のりんごはおいしいけれど、胃が冷たくなるなぁ、と思っていました。これなら冷えるのをだいぶ減らすことができそうです。糖分が沢山あるので、食べ過ぎに気をつけなければ。 保存保存保存保存保存保存 保存保存 保存保存

帰国

帰国

夫と息子がフィラデルフィアから帰ってきました。 二人のいない間、自分のすべての時間を製作に費やすことができました。ご飯もロクに食べずに夜中まで作っていたって、誰も何も言いません。頭の中にあったのは、服のことと、部屋の中のホコリをいかにきれいにするか(←これは永遠の課題)ということだけでした。 作ること働くことができるのは、どれほど幸せなことなのか、という思いを改めて噛み締めた10日間でした。 さて、真夜中の鐘が鳴って魔法が解け、現実に戻りました。 義母が数十年使っていたパスタマシーンを持ち帰った夫。早速、エッグパスタを作っていました。ソースはカニ。 このマシーン、一度は従姉妹に渡ったものを取り返したのだそうです。身辺整理をしている義母は、ちょっと前にも銅の鍋のセットをさっさと手放してしまい、夫は地団駄を踏んでいました。 私の実家にある製麺機とまったく同じ形ですが(パスタマシーンがモデルなのでしょうか?)、寸詰まりでどっしりしています。アタッチメントも他社のものでも互換性があるそう。便利ですね。これからよく使うものを揃えていけば?という話をしたところです。   フィラデルフィア滞在中、急性気管支炎で発作がでてしまい(呼吸困難)、真夜中に救急車で病院に搬送された息子↓ 今はもう元気にしていますが、その話を電話で聞いたときは、血の気が引いていく思いでした。本人も夫や義母も驚いたことでしょう。これがラオスやカンボジアなどで起きなくて幸いです。 *両国とも、白魔術や民間療法くらいはあるかもしれませんが、救急医療は殆ど望めないようです。救急の場合は隣国タイに搬送されると聞きます。 後日談を聞いてみると、救急体制はもちろん、高度に細分化された医療がバッチリ整っているアメリカの病院。日本よりも医療の分野がずいぶん進んでいるアメリカらしいなぁと思いました。 滅多にできない経験ができたことと、日記のネタができたということでよしとしましょう。 今朝の冷え込みで、赤や黄色の葉っぱがパラパラ落ちてきました。山ももうすぐ茶色に変わるころでしょうね。いよいよ冬の始まりです。 保存保存 保存保存