藍染めの街

藍染めの街

バンコクへ帰りがてら、藍染めの街を通ってきました。 下調べしておいた、藍染めや織りをしている郊外の村へ行ってみたかったのですが、車をチャーターできるかホテルで聞いてみても、手応えのないフニャフニャの答えに出鼻をくじかれます。 時間もないし、(旅行も終盤で疲れていたし)、それなら布だけでも少し手に入らないか、、、と思い、クラフトを扱っているOTOP(一村一製品運動)のショールームへ行ってみるも、中は夜逃げでもしたかのようにがらんどう。 が、たまたまその隣にあった商工会議所のお姉さんに思い切って聞いてみると、なんと日本語のできる友達に電話をかけてくれたのです。聞けば、藍染めのお店が並ぶ通りがあるというではありませんか。タイ語ができなくても、あたって砕けてみるものですねぇ。                 体調不良で始まり、実りのないかに見えた今回の旅も、藍染め布やストールを手に入れることができ、よいシメとなりました。次回は買う気でスーツケースを持って出直します。

オリオン座

オリオン座

タイに戻る予定を変更して、もう少しラオスにいることに。 のんびりしたラオスにいると、時間が過ぎるのを忘れてしまいます。サバナケットはラオス第二の規模の都市だというのに、大通りも車は少なく、野良犬やヤギがうろつき、小さな市街地のすぐ後ろには、舗装されていない道が広がっています。日本の昭和50年代くらいの感じでしょうか? 空気もきれいで光害もないため、星がとてもよく見えました。手持ちの小さなカメラで撮ったのがこの一枚。オリオン座のベルト(三ツ星)も剣もよく見えます。 さて、滞在中にタイ領事館での用事も済ませ、今朝サバナケットを出てきました。 バスで街を出ると、トヨタやニコンの工場、セメントプラントや日系のペンキ工場などの横を通り過ぎました。タイや中国での人件費高騰にともなって、ラオスに工場が来ているようですね。雇用ができるのは、地元の人にとってはよいのでしょうが、このきれいな空気が変わっていくのも時間の問題かもしれません。

山奥へ

山奥へ

アモイを出てバスで3時間半、それからさらに車で30分走ったところにある村へきています。インターネットの接続がなかなかできず、アモイでの写真もアップできないままですが、また追ってのせますね。        

アモイより

アモイより

昨日アモイに着きました。あまりの暖かさに、着くなりタケノコのように冬服を脱いでしまいました。 アモイは、中国福建省の主要な港町で、ちょうど台湾の向かいに位置しています。 清がアヘン戦争で英国に負け、南京条約という不平等な取り決めと共に開港させられた港が5つありますが、このアモイがそのうちの一つ。そのため、領事館や洋館が立ち並んでいて、ちょっと広州の租界地のような雰囲気もあります。         福建省はお茶どころとして知られるだけあって、お茶屋さんが至る所にあります。茶葉を売るだけのお店から、カフェ風のお店、お茶スタンドなど、種類もいろいろ。 中国ではどんなホテルでも、お湯を沸かすポットとお茶が備え付けられています。たいていは香りの抜けたティーバッグだったりするのですが(←高級ホテルについては知りません)。 今回のホテルに置いてあるお茶は、青茶(半発酵茶)の真空パック。ティーポットでいれてみると、手摘みらしく、フルリーフの茶葉がうわーっと広がっています。香りも非常によく、とてもおいしく飲んでいます。ホテルに置いてあるお茶で、こんなことを思ったのは初めてです。さすがは福建省。  

もうすぐ出発です

もうすぐ出発です

数年前に藍とラックで染めたイタリアンリネンのこのワンピースを、最近よく着ています。下にウールのレギンスと綿のタートルを着て、薄手のセーターを羽織れば、十分に暖か。リネンのワンピースも、こうすれば結構長い時期着られますよね。 外は枯葉色、巷は黒やグレーを着る人で溢れかえるこの時期、この鮮やかな色に癒されます。   あれよあれよと日が過ぎて行き、気がついたらもう明後日には出発です。 来年の準備もなんとか目鼻がつき、青色申告の準備もほぼ終了。 例のP社フリースのジャケットは、四苦八苦しながら夫の分だけが仕上がりました。このフリースは、厚みがある上にストレッチも効いているので、とても縫いにくく、ミシン針もボキボキ折れました。これ専門のミシン(と腕)がないと難しいのかもしれません。 バタバタしているうちに、今冬はリンゴの写真も撮り忘れていました。今日、郵便局へ歩いて行きがてら、ふじの収穫もほとんど終わっていることに気が付き、呆然、、(下は唯一残っていた果樹園)。   タイへ送る人台の梱包を今日終え、明日はようやく自分と家族の分の荷造りです。タイに入る前に寄って行くところがあるので、荷物は小さなスーツケース一つ。 仕事の道具など、あちらのアパートへバーンと送ってしまえば楽なのですが、タイに送るには個人の持ち物でも法外に高い関税かかります。パソコンをアメリカからタイへ送ってもらい、ひどい目にあった人(←夫)を知っています。なので、こちらから送るのは人台のみ。受け取りに行かないとならないし、結構面倒なのです。マレーシアの時は関税なんてかけられなかったのに(国によって扱いもそれぞれですね)。 必要な本は、スキャンしてデータ化して持っていくことに。調べ物もある程度ネットでできるし、便利な世の中ですね。 このブログも、出先からメールで更新できるように研究しておきますね。どうぞよろしくおつきあいくださいませ。

美山へ

美山へ

今朝の長野市の気温は4℃。冬に戻ったかのよう。夫が帰省前にストーブ用品を片付けてしまったので、それを引っ張り出してきて薪も運び、ストーブに火を入れたほど。今日の藍染はお休みです。 先日なぜ京都にいたかといいますと、京都の北、南丹市にある「ちいさな藍美術館」へ行くためでした。ラオスやタイでつるんでいる(?)キョウコさんと、松阪のYさんもご一緒です。 この京都への小旅行、もとはといえばこちらの「布とお茶を巡る旅」で布茶さんが紹介なさっていた、藍のドキュメンタリーDVDが発端。「ちいさな藍美術館」の新道さんもご出演なさっています。館には新道さんの収集なさった藍染コレクションが展示されているとのこと。ちょうど、“Indigo in Asia” edited by Kapila Vatsyayanという本を読んでいた頃だったので、もう藍と聞けば行く気にならずにはいられませんでした。               展示の藍染めコレクションを見ていると、人間というのは、昔から藍という色に惹きつけられて生きて来たのだということを改めて思いました。美山の美しさもさることながら、世界中を、時間を超えて藍というつながりで旅してきたような気分になり、非常に心満ち足りた1日でした。 前述の藍のドキュメンタリーDVD(ブルー・アルケミィ)を見て疑問に思ったこと、これまで本藍発酵建てで染めてきて疑問に思ったことなどなども、新道さんにしつこく伺いましたが、お仕事の手を止めて、丁寧に私の質問に答えてくださいました。 新道さんは、ご自身の藍染め作品もすばらしいだけでなく、技術や工夫を惜しみなく教えてくださる、本当の先生でした。私もまたやる気が湧いてきました。新道さん、どうもありがとうございました。                 雨が降っていなければ(バスの時間も押していたせいもあるけれど)、村を一周して、小高い丘へ登ったり、神社なども巡ってみたかったです。最後に新道さんに教えていただいたスポットから村を見渡してきたので、よしとしましょう。 一人では無言の旅となりそうでしたが、Yさんとキョウコさんのおかげで、ワクワク感も盛り上がり、とても楽しい旅となりました。Yさん、キョウコさん、一緒に来てくださってありがとうございました。   「ちいさな藍美術館」は、JR京都駅から電車とバスを乗り継いて、1時間半から2時間ほどの道のりです。 ちいさな藍美術館 ちいさな藍美術館 facebook 美山ナビ  

blog_31st March, Saigon Day 2

blog_31st March, Saigon Day 2

製作関係の所用にて、サイゴン(ベトナム・ホーチミン)へ行ってきました。 ベトナムを去る時は「もうコリゴリ、、二度と絶対来るものか」と心に誓って国を発つのですが常ですが(でもすぐ忘れる)、今回は一度も騙されず、しかもまた来たいと思いつつサイゴンを後にしました。滞在期間が短すぎて、騙されたのに気がつかなかったのかもしれませんが。 それにしてもサイゴンに行きやすくなったことは確かです。観光客の数が急激に伸びていて、受け入れ態勢が整って来ているようです。ストリートチルドレンや物乞いは一掃され、街は観光客だらけ。欧米や中国からはともかく、マレーシア人もよく見かけました。 サイゴン在住のNさんには大変お世話になりました。古いアパートメントをカフェにした、サイゴンならではのすてきなお店に連れて行って頂きました。東京のMさんとお友達には、ローカルエリアのヤギ鍋を食べに連れて行っていただきました。自分ひとりだけだったら、とてもたどり着けなかったことでしょう。腸はともかく、脳みそや脊髄があんなにおいしいなんて知りませんでした! ペナンやタイで食べるものがワンパターン化していたので、地理的には近くても、全く違った食文化のあるベトナムはとても新鮮な滞在でした。 デジカメを持って行かなかったので、残念ながらヤギ鍋写真はないのですが、代わりに4年前に撮った画像を下に。今回の写真は現像したら機会を見ていつか載せますね。 センスのよい刺繍や雑貨の豊富なサイゴンで、どのお店にも行かなかったことに気づいたのは、バンコクへ帰って来てからでした、、、。        

blog_28th March, Bangkok, Day 3

blog_28th March, Bangkok, Day 3

スーコタイからバスでバンコクへ来ました。 スーコタイから6時間でバンコクのバスターミナルに到着予定でしたが、それが大幅に遅れました。道中、1時間ほどウロウロ寄り道していると思ったら、なんとタイヤを探していたようです(ぐーすか寝ていた私は、そのタイヤ交換の音で目が覚めました)。 ほらね、バスで移動すると、絶対なにか起きるんですから。 バンコク到着後は、市内のラッシュでタクシーがなかなか進まず、結局バンコクの宿に着いたのは、スーコタイを出て10時間後でした。   それはともかく、バンコクに着いた翌日に向かったのは、チャイナタウン。       息子と夫をスターバックスに置いて、私は染め材料を探しました。 目当てのお店にはなかったけれど、店主が親切に他のお店を教えてくれたので、そちらで無事に見つかりました。どこもそうですが、漢方薬局には、薬を入れる沢山の引き出しがあり、目の前には亀の甲羅だの、タツノオトシゴだの、小さな乾燥蛇だの、わけの分からない物が並んでいて、つい写真を撮ってしまうのです。 染め材料のあとは、服飾材料を買ってから帰ってきました。いつもは迷いまくってたどり着くのですが、やっとどこにどのお店があるか分かるまでになってきました(←今頃)。       いつも滞在しているプロンポン周辺も、ここ10年でどんどん変わりました。大きなショッピングモールが道をはさんで向かい側にまで拡張していています。テナントを見ると、ペナンのモールと同じような店ばかり。 大きな都市は、どこへ行っても同じようなものばかりでつまらないですね。タイには、手仕事の見られる場所やお店が残っているのが、まだ救いですが。 それに引き換え、バンコクのチャイナタウンは、昔からあまり変わっていないのでしょうけれど、何度行っても強い個性と目新しさと面白さがあります。今度はチャイナタウン周辺に滞在してもいいなあ、なんて思いました。      

blog_25th March, Sukhothai, Day 2

blog_25th March, Sukhothai, Day 2

ようやく動けるようになったので、チェンマイからバスに乗って南下して、スーコタイという遺跡の街へ移動してきました。北タイは焼き畑が禁止されているそうですが、どこもかしこも焼かれた畑だらけ。 学校の社会の時間に「焼き畑農業」はどんなものか習いますが、実際に見るのは初めて。カメラを後で見たら、焼き畑の写真だらけになっていました。     昨晩はしとしと雨が降り、朝の空気はとてもきれい。12年ほど前に来た時は、暑くて暑くてカラカラの干物気分だったことしか覚えていないのですが、今回は風のさわやかな快適な滞在となりました。       でも、ここ何年かまわっているクメール遺跡に比べると、スーコタイ遺跡はかなり格が落ちますね。当時のラテライトの石もあまり残っていなくて、近年になって想像で作ったと思われるレンガの仏塔が並んでいます。でも、空気の悪いチェンマイにいただけに、雨の後の、緑の林を歩いて遺跡巡りをするのは、すがすがしい気持ちでした。     遺跡巡りのあとは、カフェで一服し、12年前に泊まったあたりをぶらぶらしていると、その時スウィーツを売っていたおばさんが!ワゴンの中が蜜蜂だらけになっていたのが衝撃的でしたが、その様子は今でも変わっていませんでした。マレーシアのクエに似た、ココナツのスウィーツを買いました。       さて、明日はバンコクへ移動です。

blog_21st March, Chiang Mai, Day 6

blog_21st March, Chiang Mai, Day 6

今日から藍染めの村で知られる、プレーという県に移動予定だったのですが、急きょ中止にして、チェンマイ滞在を延ばすことにしました。 息子が食あたり(上から下からとても派手に出して、、)の後の療養中、私もここのところ重い荷物を動かしたり運んだりで、腰を休めたかったのです。しばらく宿でじっとしていたのですが、今日は久しぶりに街へでました。       先ごろ藍染めの布を買ったお店とは別のところを物色していると、今度は濃い目に藍で染めた布を見つけました。藍のいい香りがします。聞いてみると、今日行くはずだったプレーから来ているとのこと。これはスカートにしたら良さそうなので、早速買ってきました。 このお店には、チェンマイ周辺で織られた、面白いかすり織の布もありました。タイ黒檀で染めた布も。プレーに行かれなかったのはとても残念ですが、こうしてプレーの藍染め布が手に入ったのですから、まずまずのチェンマイ滞在でした。