スーコタイからバスでバンコクへ来ました。

スーコタイから6時間でバンコクのバスターミナルに到着予定でしたが、それが大幅に遅れました。道中、1時間ほどウロウロ寄り道していると思ったら、なんとタイヤを探していたようです(ぐーすか寝ていた私は、そのタイヤ交換の音で目が覚めました)。 ほらね、バスで移動すると、絶対なにか起きるんですから。

バンコク到着後は、市内のラッシュでタクシーがなかなか進まず、結局バンコクの宿に着いたのは、スーコタイを出て10時間後でした。

 

それはともかく、バンコクに着いた翌日に向かったのは、チャイナタウン。

 

いくつもある漢方薬局のひとつ。Chinese medicinal herb store, Chinatown, Bangkok
いくつもある漢方薬局のひとつ。Chinese medicinal herb store, Chinatown, Bangkok

 

2015chinatown6
路上でも漢方(漢方のお茶?)を売っている人も。Sidewalk vendor of Chinese herbs, Chinatown, Bangkok

 

息子と夫をスターバックスに置いて、私は染め材料を探しました。

目当てのお店にはなかったけれど、店主が親切に他のお店を教えてくれたので、そちらで無事に見つかりました。どこもそうですが、漢方薬局には、薬を入れる沢山の引き出しがあり、目の前には亀の甲羅だの、タツノオトシゴだの、小さな乾燥蛇だの、わけの分からない物が並んでいて、つい写真を撮ってしまうのです。

染め材料のあとは、服飾材料を買ってから帰ってきました。いつもは迷いまくってたどり着くのですが、やっとどこにどのお店があるか分かるまでになってきました(←今頃)。

 

2015chinatown4
おいしそうな蟹やエビ。Crab and shrimp seller, Chinatown, Bangkok

 

2015chinatown5
これは中国ソーセージ(香腸)のお店。ディスプレイと乾燥を兼ねているのでしょうか? Chinese sausage store, Chinatown, Bangkok

 

いつも滞在しているプロンポン周辺も、ここ10年でどんどん変わりました。大きなショッピングモールが道をはさんで向かい側にまで拡張していています。テナントを見ると、ペナンのモールと同じような店ばかり。

大きな都市は、どこへ行っても同じようなものばかりでつまらないですね。タイには、手仕事の見られる場所やお店が残っているのが、まだ救いですが。

それに引き換え、バンコクのチャイナタウンは、昔からあまり変わっていないのでしょうけれど、何度行っても強い個性と目新しさと面白さがあります。今度はチャイナタウン周辺に滞在してもいいなあ、なんて思いました。

 

燕の巣やフカヒレのスープ専門店。Bird's nest and shark's fin soup restaurant
燕の巣やフカヒレのスープ専門店。Bird’s nest and shark’s fin soup restaurant, Chinatown, Bangkok

 

2015chinatown3
そろそろドリアンの季節です。Durian seller, Chinatown, Bangkok

 

シェアする share: