雨のトレッキング

雨のトレッキング

近所に熊が出ました。いつもカブトムシを捕りに行くスポット近く。 りんご畑もある場所のため、そのクマは処分されたそうです。かわいそうだけれど、実際に畑仕事をしている時や、家の庭先にクマがでたら、誰だって怖いですものね。 今年も恒例の戸隠トレッキングへ行ってきました。ここでもあちこちでクマ注意の看板を見かけました。今年は少ないと聞いていたのですが、、。 朝、戸隠に着くなり土砂降り。引き返すのも悔しいので、霧がかったドロドロの坂道を歩き続けました。 すると、目の前に池が広がり、気が付いたら雨が止んでいました。引き返さないで良かったです、、。 クマに遭遇しないように祈りながら、合計8キロほど歩きました。緑深く森の香りが充満する中、小川の水の音を聞きながら歩くのは心が安らぎます。ドロドロになったけれど、登山のような急な坂道もなく、とても楽でした。 またこんなところに出てしまった(参道は人が多い)、、、と思ったら、結婚式の写真撮影中カップルが。 去年会った、きのこと昆虫を売っていた二本しか歯のないおじさん。息子が楽しみにしていたのですが、今回はいませんでした。残念。 そして、竹細工店へ寄らずして、戸隠訪問は終わりません。この井上竹細工店さんと手力屋さんには必ずおじゃまします。今回は大きな背負い籠を抱えて帰りました。 …………………. さて、ようやく息子の夏休みが終わり、今日は二学期の始業式。プール通いの日々とも(さみしいけれど)さようならです。 棚田の絵も完成し、塹壕ラジオの自由研究もまとまり、オマケに塹壕を掘って中に入って写真を撮ってシメとした息子。嬉しそうに今朝登校しました。*塹壕とは、戦争中の兵士が掘って身を隠したタコツボのような穴です。 私も本格的に仕事へ戻ります。 保存保存保存保存 保存保存

宿題の続き

宿題の続き

息子の夏休みの宿題の一つ、ふるさとの風景を描くために(私が描くのではないのですが)、近くの姨捨山まで行ってきました。 姨捨伝説は、千年ほど前からお話に残っているようですが、どうも日本には同じような話が各地にあるそう。 息子が悪さをした時に、「姨捨に捨てるからね!」と怒ったことがありますが、年から言うと、捨てられるのは私の方が先に来そうです。 それはともかく、姨捨よりも今回は棚田のスケッチが目的。棚田を眺めながら、田舎道を下ったり登ったり。息子はこんなところに来てまで虫探し。 きれいに手入れされた棚田も多いのですが、草ぼうぼうの休耕田も目につきました。機械も入れにく場所ですし、農家の高齢化など、きっと問題もあるでしょうね(棚田のオーナー制度がとられているようです)。 近場でも、たまには電車に乗って出かけるのも楽しいものです。   「昭和のくらし博物館」(東京都大田区)館長の小泉和子さんの著書を借りてきました。著者の1910年生まれのお母さんが再現された、昭和の女性の家事の様子が記録されています。 電化製品の助けもなく、季節の行事や、親戚や近所付き合いが今よりも重要だったころ。このころは、家の中のことは全て家庭の主婦の仕事だったのですね。朝から晩まで家族のために働く生活。子供も小さいころから家のお手伝い。我慢強く、しっかりした人間になりますね。 今では、衣類はもちろん、家からふとんのクリーニング、子供を預かってもらうことなど、お金を出せばやってもらえますし、三食作らずとも外食という選択もあり、おせちまで買える時代になりました。現代の私たちは、なんと楽をしているのでしょうか!

お盆休み

お盆休み

最近、wifiの調子が悪くてネットにつなげない日があること、視力がどんどん落ちて(老眼)目が疲れること、そんなことがあり、パソコンを開けるのがすっかり億劫になってしまいました。 携帯やスマホもない生活ですが、パソコンも週二回開けるくらいがちょうど良いのかも。このブログも久しぶりの更新でごめんなさい。 …………………………… 夏のリンゴがではじめました。冬のリンゴのような甘みはありませんが、リンゴのない時期だけに飛びついてしまいます。暇を持て余している息子と一緒にリンゴと黒豚のパテ(いわゆるハンバーグ)を作ることに。 庭のセージを刻み、コリアンダーの種と胡椒を炒ってつぶし、ゴロゴロに息子が切ったリンゴも加えました。じっくり焼いて、粒マスタードをのせてマフィンに挟んで食べたら、これがぴったり。リンゴと豚ってあいますねぇ。 庭のセージをうまく使うことができたのが嬉しく、香りの組みあわせも新鮮なごはんになりました。     2センチくらいの幼虫から育てたコーカサスオオカブトたちが、ようやく羽化しました。虫とはいえ、小さいころから育てるとかわいいもの。力が強くて足が長いのにおどろき! そういえば、去年の夏には、忍者のようにケースから脱走し、床を這い回っていたことが。その時は15cmほどの大きさの幼虫になっていたので、息子も私もさすがに驚いて「ギャー」と悲鳴をあげました。うっかり踏まなくてよかった、、。 ペナン(マレーシア)へ引っ越した時は、熱帯のクワガタやカブトが見られると息子は喜んでいたのです。が、人の住む平地に見ごたえのある昆虫はいませんでした。近所の公園で、朽木の下にうじゃうじゃするサソリを見ただけ。 熱帯のカブトとのご対面が叶い、息子は嬉しそうです。   家の中の工事も、少しずつ進んでいます。まだまだ終わりませんが、そろそろ秋のオンラインストアの準備も本格的に始めます。あぁ、結局今年も物置を作るまでに至りませんでした。 お盆にはいり、息子の夏休みも残すところあと8日。学校が始まる日まで、指折り数えているのは、私だけではないと思います(?)。 毎年、私の仕事だった夏休みの自由研究を、今年は夫が担当しているのでちょっと楽です(まとめは私がやらないとなりませんが)。 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存保存保存保存保存 保存保存 保存保存保存保存保存保存保存保存 保存保存

山へ

山へ

前々から息子と約束していた、乗鞍登山へ。乗鞍には、初心者でも登れる三千メートル級の山があります。 松本から小さな電車とバスを乗り継いで、まずは乗鞍高原へ。 乗鞍高原のある中部山岳国立公園には、熊注意報がでていました。所々に熊よけの鐘がぶら下がっているのを鳴らしつつ、茂みでガザゴソ音がするのにビビりながら森を散策。 標高1,500mの森の中は、さすがにひんやりしています。風通りがよい日向には高山植物が花を咲かせていましたが、風の吹かない日陰には、苔がびっしり生え、見たこともないようなキノコもあちこちに。あとでカメラを見たら、撮った9割がきのこと苔の写真でした。 平地でもそうですが、同じ森のなかでも、風や光のあたり具合により、気温や植生が少しずつ異なるんですね。   翌日、3,026メートルの剣が峰へ。 かつて山ガールだった母に、山の天気は変わりやすいので「朝ごはんとお昼ごはんをおにぎりにしてもらって、早く出発するように。お昼には山を降りるように」言われていたので、朝早く起きて出発です(←結局、山を下りたところで土砂降りになったので、これが正解でした)。 エベレスト登山でも、午前11時には下山しはじめるのだそう(夫の話)。 岩だらけの登山道も、息子はヤギのようにぴょんぴょん身軽に登り、あっという間に私たちを置いて先に行ってしまいました。 毎年、何かしら山に登っていますが、毎回「疲れた、疲れた」と道中ずっと駄々をこね、地面に突っ伏して泣いたりしていたのに、いつの間にこんなに体力がついたのでしょう?子供は、たくさん食べて寝て、毎日走り回りながら、少しずつ成長しているのだということを改めて感じました。 それに引き合え、私たち大人は、なにもしなければ下り坂を転げ落ちていくように体力がなくなっていくということでしょうか?なんだか悲しい、、。 80歳を超えていそうなクライマーもたくさん登っている様子に、夫が「日本人は健康だなあ」と。私も命のある限り、登山ができるくらい健康でいたいものです。 一歩で進むことのできる距離は少なくても、一歩一歩前進続けていれば、必ず頂上に到達するものですね。狭い頂上へ着くと、そこには小さな神社があり、神主さんもいました。あの神主さんも毎日登山をしているのでしょうか?(上の写真は頂上ではなく、途中の山小屋です)。 そういえば、登りはじめで、3人の男の子を連れたお母さんを追い越しました。 私たちが頂上に着いてしばらくすると、そのお母さんが一番下のちびっ子を背負って登頂。「すごいですねぇ」とおもわず声をかけると、「二番目の子が同じくらいの時にも、背負って登ったんですよ」と。私には絶対無理です。 眼下に広がる緑と花畑を眺めながら、帰り道も順調。お天気も持ちこたえました。 でも、下山するバスに乗ったところで、夫がスズメバチに肩を刺されたのです。座席にいたスズメバチに、知らずにもたれかかったところを刺されたそう。夫も「腕や脇腹がしびれて痛みが広がってきた」と言いだすので、私も焦りました。 バス停に到着したところで、ドライバーさんや周りの乗客も心配してくれ、バス会社の人がすぐに診療所へ連れて行ってくれました。時間外にもかかわらず、ドクターの診察を受けることができました(アナフィラキシーショックもなく、大事には至りませんでした)。 バス内の事故ということで対応してくれたのでしょうが、これが日本の外だったら、こんな丁寧にしてもらえるなんてことは、とても考えられません。「せっかく来てくれたのに、こんなことになってすみません」と、最寄りのバス営業所の所長さんが帰りがけにあいさつに出てみえました。 ハチに刺された夫には災難でしたが、これまた思い出深い乗鞍登山となりました。 家へ帰って来たら、夏が戻ってきていました。しばらく夏らしい暑さが満喫できそうです。 保存保存 保存保存 保存保存保存保存 保存保存保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存

製作と、、

製作と、、

秋物のパターン製作を少しずつ始めています。 以前作ったパターンのパーツをコピーするために、久しぶりに青焼きコピー機の登場です。これがないと話になりません。が、今回も早速、1枚目からローラーに用紙が引き込まれて中でぐちゃぐちゃに絡まってしまいました。紙を取り除いて元に戻すのに半日がボツ。 油が回ってから使わないとこういう目にあうということを、いつも忘れています。毎年お決まりの、青焼きコピー機の洗礼というところでしょうか。 先日ようやく染めが完了したカディブラウス(春夏に間に合わなかったもの)。 たっぷりギャザーですが、横に広がらず、ボリューム控えめ。パターンを秋冬向けのブラウスにも使うつもりです。 安藤宏子さん著の「絞り染め大全」(誠文堂新光社)を最近手に入れました。 これだけの量の絞り技術と資料を網羅した本は、他にないのではないでしょうか?技術を伝えなければ、という強い思いが感じられます。著者の安藤さんのご努力に頭が下がります。 これを読んで、以前板締め用の板を処分してしまったことを後悔しています。   夏の週末の恒例行事、プールと虫捕りにまた付き合いました(日曜日が雨降りだったので、プールは1日だけですみました。ホッ)。 毎年行っていたカブトムシスポットは、近年大人に荒らされているようです(←罠を仕掛けて根こそぎ採っていく)。年々、虫がどんどん少なくなっていることは気づいていましたが、、。今年は小さなクワガタを一匹みつけただけ。 これ以上少なくなってはいけないので、もうここにはいかないことに。 ガマの穂をかじる人   明日から小学校の夏休みが始まります。 息子たちの学校も約一ヶ月間の夏休み。私たちの頃の夏休みは3週間ほどでしたが、今は中間休み(秋休み)がないので、その分夏休みが増えたのでしょうか? この一ヶ月の間、仕事がいつも通りにできるのかどうか、、。子供に振り回されないようにしないと。 保存保存 保存保存

梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間

長野はよく晴れ、気温も上がりました。 仕事の手を休めて、土日は子供たち(息子と姪っ子)とプールへ。子供ってどうしてそんなに水遊びが好きなんでしょう?放っておけば、全身シワシワでブヨブヨになるまで入って遊んでいるに違いありません。 でも、ようやく待ちに待った夏が来た!と喜んでいるのは、私の方かもしれません。つい先日まで、秋冬用の上掛けで寝ていたのですから。長野の夏は、本当に短い。 ところで、先日からphの管理に苦戦している糖建ての藍。雨の日に、コットンリネンガーゼの布を試し染めをしてみました。 薄いさわやかな水色に染まりました。「かめのぞき」というところでしょうか。本当にはちみつの力で染まったことに感動しました。 でも、油断すると、すぐに発酵しすぎてしまうので、ちょっと使いにくいです。もっと工夫が必要ですね。 保存保存 保存保存保存保存保存保存

藍がめの様子

藍がめの様子

藍 11日に建てた藍。 朝晩攪拌していますが、あたたかな気温のおかげで発酵もすすんでいます。ブツブツと泡がたって、いい香りがしてきました。今日の夕方には、ブロンズ(金属色の膜)が張っていたので、そろそろかな。息子のクワガタ虫も面倒を見ているうちに可愛くなってくるのと同じく、藍にもブツブツ話しかけたりして、ちょっと怪しい人になっている私です。でも、生きていてくれてとても嬉しい。灰汁でphを整えて、もう少し待ちます。 今回の秋は、シルク系のものをこの発酵建ての方で染める予定です。     畑 夫がわざわざ昼間の一番暑い中に出て行って、草取りをしている甲斐が(加えて、額に大きな蚊にさされをつくって)ありました。藍も元気ですし、タイのチャイナタウンで種を買った「ピッキヌー」という唐辛子が実をつけています。 今日は初収穫をライタ(インドのヨーグルトサラダ)にいれたそう。これからいただきます。いい香りを楽しませてくれたバジルは、もうそろそろおしまいです。     りんご

飯綱山へ

飯綱山へ

山登り 山の日の翌日、飯綱山へ登ってきました。 大阪から来るきょうこさんが飯綱山に登るというので、私は一緒に行ってとなりの戸隠で竹籠屋さん巡りをしようかとも思ったのです。が、両親に聞けば飯綱山なぞ長野市の小学生レベルの山(1,917m)だということなので、私も息子を連れてきょうこさんのお供をすることに。           小学生レベル=初級の山だと思いこんでいたら大間違い。けっこうな登りが延々と続き、足元に大きな岩が多くて滑りやすい。私の体力がないだけでしょうか?ペナンヒルのものすごい急勾配続きの坂もスイスイ登っていたきょうこさんは、今回も足取り軽い軽い。 高山植物が色とりどりに咲く小道を通り、標高が上がるにつれて空気が冷たくなっていくのが心地よく、爽快な登山でした。時間を大幅にオーバーして頂上に到着。息子は時々地面にバッタリ倒れて泣き言を言っていたのに、頂上に着けば「あと3回登りたい」とたわごとを。       考えてみれば、自宅近くのお寺から、この飯綱山の頂上が見えるのです。息子が赤ちゃんの頃に「いつかあの山に登ろう」と夫が息子に言いつづけていただけに、とうとう登ることができてちょっと感動。夫は今回は留守番していたのですけれど。 きょうさんが飯綱山へ登ると言い出さなければ、今回登ることもなかったでしょう。日本には(長野には)登りやすい山がたくさんあるのですから、もっと行かなければいけませんね。きょうこさん、どうもありがとう。また来夏どこかへ登りましょう!     帰り道、戸隠神社の近くで、歯が二本しかないニコニコ顏のおじさんが、昆虫やきのこを売っていました。今年は捕まえられていないカブトのオスを買って、息子は大満足。 私も籠屋さんで根曲がり竹のしっかりした籠を手に入れました。一生使えそうです。戸隠方面に行くたびに籠が増えていきますが、先細りの手仕事と思えば、今買っておかないと、、と思うのです(←買う言い訳)。   そういえば先日、バックパッカー初心者の時に買った35Lのバックパックを物置から出してきたら、中のコーティングがボロボロになっていました。数えてみたら、これを買ったのはもう20年前。新しいのを買わなければならないのですが、この戸隠の籠屋さんでみつけた背負い籠(いろいろなサイズあり)をバックパック代わりに背負って旅するっていうのもいいですねぇ、、(美山であったこのおばあちゃんのように)。

藍建て

藍建て

泥藍を建てる   田んぼの上をトンボが飛んで、ツクツクボウシの声も聞こえてくるようになりました。昼間の日差しは強いものの、すでに秋の気配ですね。   泥藍の水抜きも終わったので、先週の金曜日(11日)に藍建てをしました。そのままブログにアップしそびれていましたので、そのことを。           これを朝晩かき混ぜて、発酵が進むのを待ちます。今日で二日目ですが、すでに藍が発酵するいい香りがします。まだ気温も高いので、早めに建ってくれそうです。楽しみです!    

日照り

日照り

泥藍の水抜き   毎日カンカン照りのよいお天気です。雨が降らずに庭もカラカラ。いつもの夏よりも湿度が低いように感じます。雨乞いの儀式をしたい気分です。 さて、泥藍ですが、昨日から少しずつ容器の上澄みをすくっています。傾けると底に沈んだものが見えるほどになりました。驚くほど少ない量の泥藍です。雨が少なかったからでしょうか?藍葉の量はある程度あったものの、中に含まれる色素が少ないのかもしれません。 琉球藍の泥藍は、10キロ(の泥藍)をつくるのに100kgの重さの藍の生葉が必要だそうです。今回はどのくらいの重さになるでしょうか? もっと水分を抜いて仕上げたら、草木灰を使って発酵建てにする予定です。   鉄媒染液(お歯黒液)   人台がきました! 注文してから一ヶ月ほど待って、ようやく人台が届きました。 先月受けた立体裁断講習の先生が開発なさったもので、彫刻のような理想的な形。動きに必要なゆるみが入っています。 この人台を前にしていると、着心地のよい美しいものが作れそうな錯覚がします(錯覚だけで終わりませんように!)。この人台を買ってしまったので、もう後戻りはできません。頑張らないと、、。