オンラインストア ご利用ありがとうございました

オンラインストア ご利用ありがとうございました

秋のオンラインストアを昨晩閉店いたしました。 この度もたくさんのみなさまにご覧いただきました。ご注文はもちろん、あたたかなご感想メッセージもどうもありがとうございました! 秋の展示会はできませんでしたが、こうした形で各地のみなさまにもお届けすることができ、とても嬉しく思います。 みなさまのそれぞれの生活のなかで、これから役立てていただけることを祈っています。 …………..   「お餅を食べたい」という息子のリクエスト。 もち米の新米を買って、一日近く吸水させた後、タイで買ってきたもち米用のカゴとポットで蒸してみます。コンロは煮染め用のもの。外で料理するのも、タイの屋台気分です。 バンコクのアパートの近くで屋台をだしている、イサーン(タイの東北)のお姉さんに聞いたのは、「一時間吸水させて、15分蒸せばいいのよ」とのことでした。たしかに15分ガンガン蒸してみると、いい感じに火が通っています。 カゴの両側を持って、えいやっともち米を動かすと、簡単に天地返しもできました。このあと更に5分蒸しておしまい。 さすがにもち米が主食だけあって(特にタイ東北部イサーン地方とラオス)、このカゴが大変合理的にできていることに納得します。こういった道具というのは、毎日使われ、改良を重ね続けてきたならではの使いやすさがありますね。 くっつかずに、ポロっともち米が取り出せました。   ボウルに入れたもち米を、息子と夫が麺棒でついてお餅に(臼と杵がないので)。 残りは、ラオスで買ったもち米を入れるこのカゴ(ティップ・カオ)に一食分を入れてみます。このカゴのおひつも、蒸れないように高台に編まれています。これをぶら下げてお弁当にしたい! 今年の夏は、タイ料理はほとんど作りませんでした。でも、もち米があると、やっぱりタイ料理(というか、イサーン&ラオス料理)を食べたいなぁ、、と思います。肉が食べられるようになったら、ラープ(ひき肉と炒り米のサラダ)を作ろうかな、、。 (一番上の写真は、お餅と一緒に食べるスープに入れる野菜を、実家の父の畑から探している息子です)   5ヶ月前に注文しておいたカディが、ようやくインドから届きました。 いつもお願いしているのとは違う工房にお願いしたのです。30日で織り上げられるとのこと。まあ、2ヶ月くらいかかるだろう、、とは思っていました。 が、私が甘かったようで、いつまで経ってもなんとも言ってきません。思い出すたびに、「いつになったら送ってくれるの?」とメールで問い合わせをするも、「雨が多くてこの種類のカディの織りが遅れている」だのなんだのと訳のわからない返事ばかりで不安になる一方でした。 ようやく実物が送られてきて、小躍りしたい気分です。 プレーンなカディの他に、初めてのストライプ模様のカディも織ってもらったので、春夏もののデザインが楽しみです。これで来年の春夏の素材が揃いました。

インドより

インドより

インドの工房へ二ヶ月ほど前に注文しておいた、カディストールと来年用のコットンシルクカディの生地などが届きました。 先月末、「進み具合はどう?」と問い合わせた時には、「間違えたので織り直ししている」と聞いていました。法律が変わって、送る時の内容物の申告も厳しくなったとのこと(いつも関税がけっこうな額なのです)。そんな訳で、インドとのやりとりはいつも不安です。 今回は、到着した箱をあけると、以前注文したのに届かなかった藍染のカディが一番上に入っていました(その時は全く違うのを送ってきた)。懲りずにまた注文しておいたのです。「やればできるでしょう?」とでも言いたげです。 時間をかけて細い糸から織られた布は、とても軽い。手紡ぎ手織りはさすがに柔らかですね。 まだ全部チェックできていませんが、今回は初めて問題なく受け取ることができてまずは一安心です。   コットンリネンガーゼ定番シャツの丈を長くした、ロングシャツの見本を先週作っていました。 いつも使っているこの生地は、洗いをかけると、楊柳のようなシワがでて様変わりします。これは今年の秋冬向けにする予定です。 いつもご家族で仲良くhakoでの展示においで下さるSさんが、この長いタイプを以前からリクエストしてくださっていたのです。ボタンは4つ穴の貝にしました。長いのは私も作ってみたかったので、Sさんがご希望くださったことがよい機会となりました。   こちらは長めのカフス3つボタンの試作。こちらも秋向けのリネンブラウス。   長野は相変わらず梅雨のようなお天気が続いています。涼しくて快適ですが、農作物にとってはこのお天気がよい訳ありませんよね。 この週末は、両親と妹家族が佐渡島へ行くのに誘ってもらい、息子が喜んでついていきました。「島」という響きに憧れているようです(ペナン島に住んだことあるのに、、なぜ??)。 息子のいない間を狙って、リビングルームの壁を抜いたり(私)、壁の漆喰塗り直しの下準備(夫)をしたり、こちらの作業もはかどりました!

グレインノート展のDMできました

グレインノート展のDMできました

DM発送しました   9月2日からグレインノート(松本)にて3日間展示をします。 この松本展のDMを長野県内におすまいのみなさまへ今日発送いたしました。来週の初めにはお届けとなると思います。 新たに送付をご希望のお方は、お問い合わせフォームにてご住所をお知らせくださいませ。 東京での展示は今回はお休みし、今秋はこの松本展のみになります(9月下旬にオンラインストアオープンの予定をしています)。         泥藍で染める 草木灰の灰汁を使って建てた泥藍。いよいよコットンシルクカディのブラウスを染めてみました。一回で染まる色はかなり薄めですが、キレの良いすっきりとした水色です。     去年の琉球藍の残りとインド藍が入った容器に灰汁を入れて何日かかき混ぜてみたら、不思議なことに、こちらのほうも染められるまでに藍が建っていました。建ってもう4日目ですが、まだ元気です。琉球藍が生きていたのかどうか??、、、どうもよくわかりません。こちらも秋物を染めるのに使っています。   夏休み 息子の夏休みもあと数日でおしまい。自由研究だの習字だの漢字練習だの、残りの宿題も手伝わねばなりません。毎年思うのですが、自由研究というのは、親の宿題のようですね(テーマを「草木染め」にすれば簡単かも!?)。

追加のお知らせ

追加のお知らせ

オンラインストアのお知らせ:今日の21時ごろにアップします。 ・コットンカディ バルーンスリーブブラウスの藍染め(画像下)   在庫切れになっていた、以下の作品も追加します。 ・コクーンワンピース 生成り ・コットン縞カディブラウス ・コットンカディフリルブラウス ぶどう   どうぞご覧くださいませ。   リネンワイドパンツの生成り、カシュクールブラウスの白についてお問い合わせをいただくのですが、残念ながらこちらはもう在庫がなく、年内の追加予定はございません。   今日は雨模様で暗く写真が撮れなかったのですが、明日のお天気次第でもう少しアップするつもりです(21時ごろです)。

カディブラウスと麦刈り

カディブラウスと麦刈り

朝、おそるおそるアトリエへ行ってみましたが、土間に蛇がとぐろを巻いている光景にはでくわしませんでした。 念のため、昼間は少し戸を開けて、蛇がでていかれるようにしておきましたが、新たにもう一匹入ってきたらどうしよう、、という懸念が心をよぎります。夫が「マングースでも借りてきたら?」と言うのですが、マングースを飼っている知り合いは残念ながらいません。   さて、昨日ブログでご紹介しました、このブラウスたちですが、 コットンカディフリルブラウス 濃藍 コットンカディフリルブラウス ぶどう お問い合わせを何件かいただきましたので、画像をこちらに載せます。今、染め上がっていて在庫のある色は、下の通りです(手紡ぎ手織りカディコットン 綿100%)です。グリーンは画像よりもうちょっと濃いです。       コットン縞カディブラウス は、おかげさまで売り切れとなりましたが、在庫を確認して明日アップします。   下は今日の発送分。 早くお手にして頂けるよう、手書きのお手紙などはつけずにすぐ発送するようにしています。 中にお洗濯の注意書きを入れていますので、どうぞ目をお通しください。藍のものは、何度も洗って仕上げているのですが、濃い藍など特に、初めの頃は摩擦などで色落ちします。落ち着くまで濃色のお洋服と合わせてください。   午前中は、父の家庭菜園(菜園という規模?)で夫と一緒に小麦の収穫のお手伝い。 機械が刈り取って束ねてくれるので、それをポールにかけます(はぜかけ)。父が刈り、私たちの仕事は、そのはぜかけ。麦の草はまだ乾燥しきっていないため、束ねるとズッシリと重みがあり、ところどころ青くて、草の香りがします。 刈り取りの途中で、その機械のエンジンがかからなくなり、一瞬、冷や汗と共に、ヨーロッパの農夫がつかう麦刈り用の大鎌が脳裏をよぎりました(scythe と呼ばれる、Ingmar Bergman の映画に出てくる死神の持っているような鎌)。鎌で刈って束ねていたら、何日もかかってしまいます。 人間も休憩し、機械も休憩させたら、その後は無事に動いてくれました。人力で刈らずにに済んで、ホッとしました。父も母も、何年か前は、人力で刈り取り作業をしていたのです。この小麦で作ったパンを食べているのですから、これからはお手伝いくらいはしなければなりません。      

オンラインストア アップについて

オンラインストア アップについて

オンラインストアのご利用、どうもありがとうございます! 今日の21時で、とりあえずアップが終了します。今後は、染め重ねが終わっていないものを、ちょこちょこアップしていく予定です。今月30日までストアはあけていますので、ゆっくりごらん下さい。 この下の墨色のカディブラウスは、襟元のギャザーがちょっとかわいすぎてしまったので、アップするかどうか悩んだのですが、立体的で奥行きがあり、そしてとても着やすいので、2色だけ加えました。他にもぶどうやグリーン、紺などもあります。   この下のとても軽いリネンブラウスは、今日のアップ分。まだ藍で染め重ねているものもあります。後日追加します。   午後、アトリエにいるときに、姪っ子がケーキを差し入れてくれたのですが、「外に蛇がいる!」と興奮ぎみ。 外に出てみると、アトリエの戸に沿って、べろ〜んと長くなって昼寝しているのが一匹いました。そういえば、こんな蒸す日にはヘビがよくでてくるのです。それは、野球のバットくらいの太さで、私の身長ほどの長さがあります。結構大物。たまたまそこを通りかかった弟によると、それはシマヘビとのこと。毒もないし、自ら襲ってはこないだろう、と。 どのようにして蛇を移動させるか弟と相談していたら、どうもそれが気に入らなかったらしく、なんと戸口からアトリエの中に入っていくではありませんか(換気のために5cmほど開けてあったのです)。 慌てて戸を全開にすると、ものを積み重ねているコーナーの奥にどんどん入っていくところでした。かなりシャイな蛇ですね、、。しかし、私のアトリエを住まいにされても困ります。 そういえば以前、飛んでいる鳥がアトリエに入ってきて、外に誘導するのに苦労したこともありました。スズメバチが飛び込んでくることもなくなって安心したら、今度はヘビですか。間違って暗闇で踏んでしまうのもいやです。これは捕まえなければなりません。オトリにするのに、姪っ子の飼っているハムスターを借りようと思ったのですが、即、本人に却下されてしまいました。 私も作業に戻り、それからしばらく経って、夫が懐中電灯を持ってきました。ものをどかして見てみるも、なんとそこにヘビがいません。アトリエ内のどこかに移動したのでしょうか?明日の朝アトリエに入ったら、そこにとぐろを巻いていた、なんてことがあったらいやだなぁ。梁の上に隠れていて、いきなり頭の上に落ちてこられても困ります、、。

自由学園明日館展 17日から始まります

自由学園明日館展 17日から始まります

17日(火)、18日(水)の二日だけの展示が、自由学園明日館にてもうすぐ始まります。 今日は梱包と発送を無事に済ませたところ。急に暖かくなったので、リネンはもちろん、これでカディコットンのブラウスを着ることができます。 インドで織ってもらったストライプのコットンカディ。この生地のブラウスを母に一枚あげたところ、白いパンツと合わせ、早速着てくれていました。とても涼しそう。さすがは暑い国の素材です。このブラウスももちろん明日館へ持っていきます。   □「初夏の自然服展」 5月17日(火)と18日(水)  17日   12:00-19.00 18日   10:00-17:00 *オープン時間がそれぞれ異なります。どうぞご注意くださいませ。 自由学園明日館 Rm1925 171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-3 map  *JR池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分 *JR目白駅より徒歩7分 *駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。 *ご入館にはDMを受付にて提示いただくか、もしくは、この展示会をご覧にいらした旨をお伝えくださいませ。 お買い上げ下さったみなさまには、明日館のカフェでお使いいただけるコーヒーチケットを進呈の予定です(数に限りがあります)。このカフェ、大きな窓があってとてもいい雰囲気なのです。     最近、毎日のように庭で遭遇する何匹ものスズメバチ達に気を取られていましたが、気がつけばもう5月も半ば。オンラインストアのオープンまであと2週間です(6月1日オープン予定です)。 昨日はスズメバチの罠を作って仕掛けたのですが、東京から帰ってくるまでにどれだけその罠にかかっているのか気がかりです。つかまってくれないと、おちおち藍染もできません!

春の作品展 20日からはじまります

春の作品展 20日からはじまります

春の展示がはじまります。   「渡辺珠美 春の自然服展」 4月20日(水)→22日(金)    20日  12:00-18:00 21日  10:00-18:00(20, 21日ともに18時までの退出をお願いいたします) 22日  10:00-16:00 *オープン時間がそれぞれ異なります。どうぞご注意くださいませ。 fog linen work 2F 155-0033 東京都世田谷区代田5-35-1 map *下北沢駅西口より徒歩3分 *駐車場がございませんので、近くのコインパーキングなどをご利用ください。   20日は12時からのオープンです。私が3日間ギャラリーにつめております。fog linen work の2階が展示会場ですが、お店を通って2階に入っていただけます。どうぞお出かけください! ちなみに去年の秋、紺のリネンの帽子をこちらのお店でいただいて、冬の間はバンコクで愛用していました(Yさん、おすすめありがとうございます)。身に付けるものだけでなく、家の中やキッチンで毎日使えるリネン製品はじめ、すてきなものが沢山置いてあるので、ゆっくりお店も見るのも楽しみです。家の中をすべてfog製品で埋め尽くしたいほどです、、。   さて、今回展示するものはこちらの通りです。               去年後半は円安の影響もあってリネンの値段がぐっと高くなってしまったのですが(一時期は倍に!)、服にした時に値上げをするのを避けるために、ヨーロッパ産で高すぎない価格のリネンを探していました。そんなわけで、羽織りのカシュクールブラウス(画像にはありませんが)のリネンのみ、今までとは違うものを使いました。この生地はネップ(節)が少しあります。そちらも合わせてご覧くだされば幸いです。   里帰り 夫が息子を連れて、ゴールデンウイークが始まる前に、フィラデルフィアへ年に一度の里帰りをすることになっています(男の人は里帰りとは言わないと思いますが)。息子がもう十分に成長し、夫と二人で長い時間の旅行ができるようになったので、私は晴れて放免となりました。 ドアからドアまで丸一日以上かかり、加えて滞在中は時差ぼけがずっと取れないので、決して快適な旅とはいえません。が、オムツと着替えを山ほど持って、ぶら下がる赤子に母乳を飲ませつつあちらに渡ったことを考えれば、随分と楽になったはず。夫よ、頑張って行ってくれ。 夫の母と叔母にプレゼントするモーブ色に染めたリネンストールを出してきて、これもきっちりアイロンをかけられて平らにされてしまうんだろうなぁ、、と思いながら、今日はそれをラッピングしていました。展示会の荷物も発送が終わって、ちょっとホッとしています。   それでは、20日はお昼の12時からお待ちしています。お気をつけてお出かけください!

春の展示準備 進んでいます

春の展示準備 進んでいます

陶芸家・岡澤悦子さんのマグカップラテにすっかり虜になっているこの頃です。 白の美しさと岡澤さんの手の跡が感じられるこのカップは、器量好しなだけでなく、日々の生活の中でとても使いやすいのです。おそらく、たくさんのデザインとたくさんの試作を重ねてこの形が世に出たのでは?と思わせる完成度の高さ。 その岡澤さんのインタビューをこちらで拝見しました→「暮らしとおしゃれの編集室」 (このお写真の中で岡澤さんがリネンブラウスを着て下さっています。私もとても嬉しいです)。     上の写真は、昨日、一昨日とかけて、のり抜き後、洗いをかけたコットンリネンガーゼのブラウス。ノーカラーと丸襟の2デザインです。白いブラウスがズラッと並んだこの一枚を撮ると、春がきたなぁ、と毎年思います。 実はこのガーゼ生地の織工場が変わり(組成はコットン85%リネン15%)、これがどの程度縮むのかが心配でした。サンプル生地の縮み方は、服にした時の縮み方と大きく違うのです。今回は、5~7%縮むことを前提に計算してパターンを作ったのですが、乾いたところを計ると、その予想ぴったりになっていました。ほっと一息。     藍の苗床も作りました。この時は夫が食事当番だったので、心ゆくまで泥遊び、、じゃなかった、苗床の準備ができました。泥藍作りも久しぶり。とても楽しみです。   fog展のDMの写真を撮ったところです。こちらはシルクコットン(50%, 50%)のブラウス。軽くてツヤのあるカディです。染めないこの色もきれいなので、fog展にはこのまま持っていこうかと思います。

blog_8th June

blog_8th June

今日(8日)の21時よりオープンするオンラインストアですが、ショッピングページにのせた画像が、小さく粗くしか表示できないようなのです。ギャラリーページにすこしずつ画像を載せていきます。こちらも合わせてご覧下さい。 今回は6月いっぱい開けている予定なので、ショッピングページへ少しずつアップしていきますね(今日は全部間に合いそうにないので、、)。