インドより

インドより

インドの工房へ二ヶ月ほど前に注文しておいた、カディストールと来年用のコットンシルクカディの生地などが届きました。 先月末、「進み具合はどう?」と問い合わせた時には、「間違えたので織り直ししている」と聞いていました。法律が変わって、送る時の内容物の申告も厳しくなったとのこと(いつも関税がけっこうな額なのです)。そんな訳で、インドとのやりとりはいつも不安です。 今回は、到着した箱をあけると、以前注文したのに届かなかった藍染のカディが一番上に入っていました(その時は全く違うのを送ってきた)。懲りずにまた注文しておいたのです。「やればできるでしょう?」とでも言いたげです。 時間をかけて細い糸から織られた布は、とても軽い。手紡ぎ手織りはさすがに柔らかですね。 まだ全部チェックできていませんが、今回は初めて問題なく受け取ることができてまずは一安心です。   コットンリネンガーゼ定番シャツの丈を長くした、ロングシャツの見本を先週作っていました。 いつも使っているこの生地は、洗いをかけると、楊柳のようなシワがでて様変わりします。これは今年の秋冬向けにする予定です。 いつもご家族で仲良くhakoでの展示においで下さるSさんが、この長いタイプを以前からリクエストしてくださっていたのです。ボタンは4つ穴の貝にしました。長いのは私も作ってみたかったので、Sさんがご希望くださったことがよい機会となりました。   こちらは長めのカフス3つボタンの試作。こちらも秋向けのリネンブラウス。   長野は相変わらず梅雨のようなお天気が続いています。涼しくて快適ですが、農作物にとってはこのお天気がよい訳ありませんよね。 この週末は、両親と妹家族が佐渡島へ行くのに誘ってもらい、息子が喜んでついていきました。「島」という響きに憧れているようです(ペナン島に住んだことあるのに、、なぜ??)。 息子のいない間を狙って、リビングルームの壁を抜いたり(私)、壁の漆喰塗り直しの下準備(夫)をしたり、こちらの作業もはかどりました!

染め日和

染め日和

みなさま、楽しいゴールデンウィークをお過ごしになりましたか?からっとしたよいお天気に恵まれて、さわやかな連休でしたね。私もこのお天気を味方に、染め三昧でした。 どこへも出かけられないので、息子には悪いなぁ、、と、ちらっと思いましたが、本人は庭をかけまわって遊び呆けていたので、そんなことはどうでもよかった様子。(そういえば、ゴールデンウィーク中にどこかへ行ったことってないなぁ、、)。 藍は毎日少しずつ染め重ね、そのつど洗って、このようにズラリと並べて干します。日に日に少しずつ濃くなっていくのがわかります。藍の色というのは、海の色や空の色と同じく、いくらながめても飽きません。   先日煎じたコチニール、染め重ねもそろそろ終了です(濃いものは、コチニールとラック、茜をつかいました)。 今月19日から3日間のhako plusでの展示ですが、近日中にDMを発送いたします。 到着までもうしばらくお待ちくださいませ!

外壁塗り その後

外壁塗り その後

ようやく長野も夏らしい暑さになってきました。でも、夕方になると風がぴゅーぴゅー吹き始め、寒いほどです。   外壁のモルタル塗りも、5日かけてようやく終わりました。 セメント関係の仕事は自分たちでやるというのが渡辺家の決まりなので、箸より重いものを持ったことのなかった都会育ちの夫もかり出され、今回もよくつきあってくれました。 私「コンクリートってローマ人が発明したんでしょう?」 夫「水中コンクリートはね」 私「ふーん」(あれ?この会話、前にもしたことがある、、)*パンテオンはローマン・コンクリートで作られています いつもモルタル塗りはこんな風に進みます。記憶力とともに体力も落ちているようで、今回の作業は少々こたえました。10年前だったら、1日中作業しても平気だったのに。砂とセメントの重さが合わせて450キロほどだったので、水も加えて合計500キロ以上は塗ったのではないでしょうか? 次は漆喰(スタッコ)塗りです。倉庫製作まで、たどりつくのでしょうか?残された時間もギリギリです。藍の収穫もそろそろしないとならないし、、。     リネンのワッフル生地を随分前に買って、タオルを作って使っていたのですが、それも透けるほど薄くなってきました。このタオル、水分の吸い込みもよく、乾きが早くて誠に具合がよいのです。たしか糸はリニフィッチオだったような気がします(なんて贅沢な)。 生地が何メートルも残っているので、どうしてそれ以来使わなかったのだろう?と不思議に思っていました。 再び同じ生地でタオルを仕立ててから洗ってみて、使い始めにたくさん繊維がでてくるので、その訳を思い出しました。それも、タオルがもう一枚できるのでは?と思うほどの繊維の量。洗濯機で一緒に洗ったものは、繊維くずでみんな真っ白。お風呂上がりに、息子がリネンの繊維で毛むくじゃらに仕上がるのが想像できます。 リネンの残布をキッチンタオルにして使っているのですが、撚りの甘いリネン(ゆったり織られたもの)、ざっくりしたリネンの方が、水分をよく吸ってくれることに気がつきます。このタオルもふんわり織られているので、繊維は沢山でるけれどタオルとしては最高なのはそういう訳なのでしょう。 新しくタオルを仕立てたのに、使い込んで薄くなってしまったタオルも捨てられません。   母の友人からいただいたブラックベリー。酸味が強くて生で食べるのは酸っぱいのですが、ジャムにしてしまうのももったいないので、そのままヨーグルトにいれ蜂蜜をかけて食べています。 何年も前に、ブラックベリーを植えて放置しておいたら、あっと言う間にトゲトゲのある枝が藪状態になってしまったのを思い出します。愛犬が自分で実をとって食べていたことも。犬って酸味は感じないのでしょうか? ベリーの本を引っ張りだしてきたら、ブラックベリーは北半球に自生していると載っています。そういえば、イギリスの田舎を散歩すると、あちこちでベリーを見かけました。あれはブラックベリーだったのかぁ、、(←今頃)。日本でも気をつけて見ていれば、あるかもしれませんね。  

リネン生地

リネン生地

あと、ほんの少しだけオンラインストアへアップしたいものがあります。このブログでお知らせしますので、もうしばらくお待ちください。   それからお知らせです。来月7月4日から9日までは勉強のため留守にしますので、その間は発送作業をお休みさせていただきます。6月末にご注文いただいた場合、お振り込み確認の関係で発送が遅くなる可能性もあります。どうぞご了承くださいますようお願いいたします。     今年の秋物用の布はもう用意してあるので(秋冬物はあまり作らない予定なのですが)、ここのところは来年用の生地を探していました。今回もとてもいい布が手にはいって、ホクホクです。 いつも上質のリネンを分けていただく機屋さんからは、ゆうパックで生地が届きます。 配達の時には、決まった女性の郵便局員さんが、軽々と反を持ち上げて「はいっっ」と手渡してくれるのですが、いつも予想外のズッシリとした重量に、受け取るたび驚きます。私も力がないほうではありません。郵便局員さん、自宅で筋トレでもしているのではないでしょうか? そして、その反をよっこら担ぎながら「一体これだけの重さの布、誰が染めるんだろう〜?」と自分で疑問に思いながらアトリエへ運び込みます。 今季はあちらもこちらも手をつけすぎて、染めの収拾がつかなくなったので、来年は少しおとなしくしようかな、、と思うことも(来年になればそんなこと忘れていると思いますが)。     昨日、息子が学校から帰ってきて、おもむろにニセ一億千札を作り、「これヤバイよ!」といいながら私に見せるのです。「ヤバイって、、?」と繰り返しながら、ふと思い出したのは、しばらく前に新聞に載っていた話。 愛犬(たしか小型犬)の散歩をしていた女性、そこに若い女の子達がすれ違って「この犬ヤバイ〜」と言っていたのを聞き、犬が病気ではないのかと心配になった、というような話でした(うろ覚え)。 まさか「ヤバイ」=かっこいい、かわいい、という意味になっているなんて、私も知りませんでした。そして、息子がそんな意味で言葉を使うようになるとは。学校で覚えてきたに決まっています。 日本語に馴染んでいるのを喜ぶべきなのでしょう。そんな言葉も(私もですが)夫にとってはチンプンカンプンのようです。  

オンラインストア アップについて

オンラインストア アップについて

オンラインストアのご利用、どうもありがとうございます! 今日の21時で、とりあえずアップが終了します。今後は、染め重ねが終わっていないものを、ちょこちょこアップしていく予定です。今月30日までストアはあけていますので、ゆっくりごらん下さい。 この下の墨色のカディブラウスは、襟元のギャザーがちょっとかわいすぎてしまったので、アップするかどうか悩んだのですが、立体的で奥行きがあり、そしてとても着やすいので、2色だけ加えました。他にもぶどうやグリーン、紺などもあります。   この下のとても軽いリネンブラウスは、今日のアップ分。まだ藍で染め重ねているものもあります。後日追加します。   午後、アトリエにいるときに、姪っ子がケーキを差し入れてくれたのですが、「外に蛇がいる!」と興奮ぎみ。 外に出てみると、アトリエの戸に沿って、べろ〜んと長くなって昼寝しているのが一匹いました。そういえば、こんな蒸す日にはヘビがよくでてくるのです。それは、野球のバットくらいの太さで、私の身長ほどの長さがあります。結構大物。たまたまそこを通りかかった弟によると、それはシマヘビとのこと。毒もないし、自ら襲ってはこないだろう、と。 どのようにして蛇を移動させるか弟と相談していたら、どうもそれが気に入らなかったらしく、なんと戸口からアトリエの中に入っていくではありませんか(換気のために5cmほど開けてあったのです)。 慌てて戸を全開にすると、ものを積み重ねているコーナーの奥にどんどん入っていくところでした。かなりシャイな蛇ですね、、。しかし、私のアトリエを住まいにされても困ります。 そういえば以前、飛んでいる鳥がアトリエに入ってきて、外に誘導するのに苦労したこともありました。スズメバチが飛び込んでくることもなくなって安心したら、今度はヘビですか。間違って暗闇で踏んでしまうのもいやです。これは捕まえなければなりません。オトリにするのに、姪っ子の飼っているハムスターを借りようと思ったのですが、即、本人に却下されてしまいました。 私も作業に戻り、それからしばらく経って、夫が懐中電灯を持ってきました。ものをどかして見てみるも、なんとそこにヘビがいません。アトリエ内のどこかに移動したのでしょうか?明日の朝アトリエに入ったら、そこにとぐろを巻いていた、なんてことがあったらいやだなぁ。梁の上に隠れていて、いきなり頭の上に落ちてこられても困ります、、。

自由学園明日館展 17日から始まります

自由学園明日館展 17日から始まります

17日(火)、18日(水)の二日だけの展示が、自由学園明日館にてもうすぐ始まります。 今日は梱包と発送を無事に済ませたところ。急に暖かくなったので、リネンはもちろん、これでカディコットンのブラウスを着ることができます。 インドで織ってもらったストライプのコットンカディ。この生地のブラウスを母に一枚あげたところ、白いパンツと合わせ、早速着てくれていました。とても涼しそう。さすがは暑い国の素材です。このブラウスももちろん明日館へ持っていきます。   □「初夏の自然服展」 5月17日(火)と18日(水)  17日   12:00-19.00 18日   10:00-17:00 *オープン時間がそれぞれ異なります。どうぞご注意くださいませ。 自由学園明日館 Rm1925 171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-3 map  *JR池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分 *JR目白駅より徒歩7分 *駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。 *ご入館にはDMを受付にて提示いただくか、もしくは、この展示会をご覧にいらした旨をお伝えくださいませ。 お買い上げ下さったみなさまには、明日館のカフェでお使いいただけるコーヒーチケットを進呈の予定です(数に限りがあります)。このカフェ、大きな窓があってとてもいい雰囲気なのです。     最近、毎日のように庭で遭遇する何匹ものスズメバチ達に気を取られていましたが、気がつけばもう5月も半ば。オンラインストアのオープンまであと2週間です(6月1日オープン予定です)。 昨日はスズメバチの罠を作って仕掛けたのですが、東京から帰ってくるまでにどれだけその罠にかかっているのか気がかりです。つかまってくれないと、おちおち藍染もできません!

グリーンと赤

グリーンと赤

去年に引き続き、今年もどうもスズメバチが多いようです。毎日庭に飛んできてガラス窓にぶつかっていきますし、アトリエの中にも巨大な(本当にスズメほどの大きさ!)のスズメバチが飛び込んできました。 藍のにおいも好きなようです。藍染を始めると、頭の上であの嫌な羽音が聞こえてきます。 先日は、藍甕の蓋を閉めようとしたところに飛び込んできて、甕の中で溺死寸前になっていたマヌケな一匹がいました。今日来た一匹は、染めた服に止まったり、服からしたたる藍を飲んだり(?)していました。これでは安心して作業ができません。宇宙服でも着たい気分です。 昔から、藍で染めた農作業着はハブよけや蚊よけとされてきたと聞きますが、これもどうも怪しいなと個人的には思います。藍の服を着て藍染をしていても、あちこち蚊にさされるんですから(蛇にはまだ噛まれていません)。       ここのところ、インドの木版プリントの本を読んでいたのですが、草木染めの木版には、藍と茜が主に使われているようです。その濃い茜の赤が気になりはじめ、今回はその色に挑戦しているところです。蘇芳とインド茜を重ね、毎日毎日染めて少しずつ濃くしていきます。 とある染めの本を引っ張りだしてきて見ていたら、「600gの絹に3kgの茜(根っこ)」を使うと書いてありました。そういえば、以前も茜で朱色を染めた時、何度煮出して重ねたのかわからないくらい染めたのでした。赤も苦労の色ですね。でも、しっかりとした赤の中にふんわりとした柔らかさとムラ具合があって、草木染めならではのきれいな色です。 そんなわけで、この赤は17日からの自由学園明日館展には間に合わないしれません。6月1日からのオンラインストアには間に合うかな、、、?

雨の前に

雨の前に

今日の午後から雨が降り始め、3日間ほど降り続くとの予報。染め重ねてきたものも、そろそろ作業の終盤に。それと同時に、染め上がったものを大急ぎで「海へ・・・」で洗濯していました。 夕方には夫と息子が日本に帰ってくるので、5時にはきっかり作業をやめて晩ご飯も作らないとならないのです。となると、一日が短く感じます。でも、さすがに夕方の6時、7時まで染め作業を続けるともうぐったりなので、5時に終了でちょうど良いのかも。 それにしても、カディコットンって、どうしてこんなに色が入りにくいんでしょう。厚手のリネンと同じくらい繰り返し染め重ねないと色が入りません。軽い素材は手で絞るのが楽なので、それが非常に助かります(←腱鞘炎の人)。        

春の作品展 20日からはじまります

春の作品展 20日からはじまります

春の展示がはじまります。   「渡辺珠美 春の自然服展」 4月20日(水)→22日(金)    20日  12:00-18:00 21日  10:00-18:00(20, 21日ともに18時までの退出をお願いいたします) 22日  10:00-16:00 *オープン時間がそれぞれ異なります。どうぞご注意くださいませ。 fog linen work 2F 155-0033 東京都世田谷区代田5-35-1 map *下北沢駅西口より徒歩3分 *駐車場がございませんので、近くのコインパーキングなどをご利用ください。   20日は12時からのオープンです。私が3日間ギャラリーにつめております。fog linen work の2階が展示会場ですが、お店を通って2階に入っていただけます。どうぞお出かけください! ちなみに去年の秋、紺のリネンの帽子をこちらのお店でいただいて、冬の間はバンコクで愛用していました(Yさん、おすすめありがとうございます)。身に付けるものだけでなく、家の中やキッチンで毎日使えるリネン製品はじめ、すてきなものが沢山置いてあるので、ゆっくりお店も見るのも楽しみです。家の中をすべてfog製品で埋め尽くしたいほどです、、。   さて、今回展示するものはこちらの通りです。               去年後半は円安の影響もあってリネンの値段がぐっと高くなってしまったのですが(一時期は倍に!)、服にした時に値上げをするのを避けるために、ヨーロッパ産で高すぎない価格のリネンを探していました。そんなわけで、羽織りのカシュクールブラウス(画像にはありませんが)のリネンのみ、今までとは違うものを使いました。この生地はネップ(節)が少しあります。そちらも合わせてご覧くだされば幸いです。   里帰り 夫が息子を連れて、ゴールデンウイークが始まる前に、フィラデルフィアへ年に一度の里帰りをすることになっています(男の人は里帰りとは言わないと思いますが)。息子がもう十分に成長し、夫と二人で長い時間の旅行ができるようになったので、私は晴れて放免となりました。 ドアからドアまで丸一日以上かかり、加えて滞在中は時差ぼけがずっと取れないので、決して快適な旅とはいえません。が、オムツと着替えを山ほど持って、ぶら下がる赤子に母乳を飲ませつつあちらに渡ったことを考えれば、随分と楽になったはず。夫よ、頑張って行ってくれ。 夫の母と叔母にプレゼントするモーブ色に染めたリネンストールを出してきて、これもきっちりアイロンをかけられて平らにされてしまうんだろうなぁ、、と思いながら、今日はそれをラッピングしていました。展示会の荷物も発送が終わって、ちょっとホッとしています。   それでは、20日はお昼の12時からお待ちしています。お気をつけてお出かけください!

黒染め

黒染め

緑のきれいな季節になりました。色がでてくると、庭がぐっと明るくなります。染めたものもよく乾くし、花粉さえなければ一番いい季節ですね。       今回も、グレーや黒に近い濃グレーを少し染めました。 黒染めといえば、ログウッド(メキシコの豆科の植物)が昔から着物の黒染めに使われていますが、個人的には色落ちが少々心配。黒を染めたいときは、私はたいていミロバランや墨汁を使うことになります。過去にはどんぐり(つるばみ染め)で染めたことも。今回はミロバランのみ。アンティークな感じの黒〜グレーに染まりました。 真っ黒な色では、藍で下染めしてから檳榔樹を重ねる「檳榔樹黒」が伝統色として知られています。これも一度染めてみたい色です。 ちなみにログウッドは、鮮やかな美しいブルーも染められるのですが、堅牢度が弱く早くに色変わりしてしまうのが難点。黒染めでは、どんな風に抜けていくのでしょうか?きれいに抜けていくのだったら、黒染めでも使ってみたいです。いつか、自分の服で実験してみたいと思います。     今回のタグは、少し縦長。吊るすためのリネンの糸を手作業でつけていきます。洗濯などのお手入れの注意書きは別紙に。