今日はインフルエンザの予防接種を受けてきました。歩いて20分ほどのところに外国人向けの病院があり、今朝電話をしてみたらワクチンがまだあるとのこと。それで早速行って打ってもらいました。(夫と息子は日本で接種済み)。

息子がまだ小さい時、行った先の小児科でインフルエンザをうつされたことがありました。が、予防接種を受けておいたために軽く済んだことがあります。日本で大流行のニュースを読んでいて、それを思い出したのです。わたしは呼吸器が弱いので、やっぱり毎年受けておいた方がいいかなと思っています。

..

さて、上のトップ画像の野菜は、カイン チュア(Canh Chua)というスープのキットを広げたもの。ベトナム南部の甘酸っぱいスープです。こちらには魚の切り身も入っていましたが、エビや鶏バージョンもあるようです。

はすいもというスポンジのような茎(中央)や、トマト、パイナップル、タマリンド(小さいパックに入ったもの)など、材料は酸味のあるものばかり。さかなのまろやかなダシがでます。砂糖が入っていないのにかなり甘いのは、パイナップルのおかげでしょうか?

タイのトムヤムクンのようなパンチの効いた味ではありませんが、こちらのほうが健康的(砂糖なし)ですし、子供も食べられます。

現地のスーパーには、こんなキットが何種類も売られています。ベトナムの主婦も忙しいのですよね。私としても、簡単にベトナム料理をつくることができるし、時間も節約できるし、とても助かっています。

スーパーに行ったとき、夫が「ゆでたムール貝がある!」というので買ってきたパック。私はパックを開けるまでよく見ませんでした。ニンニクで炒めていて初めて気がついたのは、これらがタニシだということ。触覚がピョコンとでているのがお分かりになりますか?

小学生の頃、川で捕まえたのを思い出しましたが、こちらのはもっと大きなサイズです。ハノイでよく食べられているようです。調べてみると、しょうがの入ったタレで食べるそう。そうすると川独特のにおいが消えるかもしれませんね。

そんなわけで思いがけずタニシ初体験ができました(息子は嫌がって食べませんでした)。

シェアする share: