penang national park monkey beach penang national park ペナン モンキービーチ

家からバスで30分ほど行ったところに、ペナン国立公園の入り口があります。世界一小さな国立公園とはいえ、熱帯ジャングルだけあり多種多様な動植物が生息しているとのこと。この公園内のトレッキングルートを歩いてみました。目指すは、ペナン一きれいだというモンキービーチ。

A few photos below from a recent day trip to Penang National Park on the northwest coast of Penang Island. There is no vehicular access to the park beaches, so they are uncrowded. Access is by small boat or on foot. We walked in and out, a total of some nine kilometers.

 

monkey beach5
モンキービーチへ向かうところ。トレッキングルートは根っこに侵略されています。
monkey beach4
ジャングルの中に時々現れる橋。所々抜けていて、足を踏み外しそうになります。

 

 

We found Monkey Beach, named for the crab-eating macaques that live in the trees there, clean compared with other Penang beaches more often frequented by tourists in great numbers, drawn to parasailing, jet-skiing, and other such activities.

On a beach in the park, my son found a couple kinds of crabs: one a small fast-scurrying crab with a translucent body, and a larger fiddler-like crab, which he dug from its sand burrow. We also observed a few water monitors on the beaches and on the mudflats just off shore.

 

ツーリストがどっさり訪れ、ジェットスキーやパラセーリングなどで騒々しい観光客向けのビーチから離れていること、アクセス方法がボートかトレッキングしかないことも手伝って、モンキービーチの水は比較的きれいでした。息子が穴堀りしていると、大きな蟹が飛びでてきてびっくり。写真の水トカゲや、ちいさな半透明の蟹(高速で走る)もあちこちにいました。

さすが熱帯のマレーシア、トレッキングルートの整備も植物の生長のスピードに追いつかないようで、木々が繁茂して根っこものび放題。これをまたいで行くのはとても歩きにくい。行き帰りで合計9キロほどのルートでしたが、蒸し暑いことも手伝って、どっさり汗をかいて良い運動となりました。ほとんどの人は、ここへボートで乗り付けビーチでのんびりするのがお決まりのコースのようですが、時間があればこのように歩いていくのもよいですね。

 
monkey beach
歩いて来た森を振り返る。
monkey beach6
水トカゲ
この蟹も高速で走ります。
苦労して捕まえた蟹

 

Recently, I asked a Tamil acquaintance why fish and shrimp are expensive here compared with other sources of protein. We had thought that living on an island would give us access to fresh, inexpensive seafood. He told us that 50 years ago, one could cast a line from almost any beach and catch stingrays, which are eaten here, at the rate of about one an hour; now, there are none to be found in local waters. This is true, too, he said for many fish and for shrimp. He told us that the sea nearby had become so polluted that many fish are now sourced from Thailand and Indonesia, thus driving up prices. Penang has become rich by some measures, but much poorer by others, I think, a story similar around the developing and developed world.

高層マンションの建設ラッシュのすすむペナンでも、ちょっと島の奥へ行くとこんな場所が残されていることは貴重です。かつては、ペナンのどこの海辺もこのようにきれいで魚が沢山釣れたと聞きました。汚染がすすんでいるのは、どこも同じですね。

ペナン滞在も残りあと3ヶ月と少し。時間をみつけてもうすこし探索してみたいです。

 

penang national park
モンキービーチ到着。穴堀に夢中な人。
monkey beach2
大学の海洋生物研究所の前にブランコが。なぜ?

 

シェアする share: