屋号(いわゆるブランド名)を変える予定でいることは、前にもお話しました。

10ヶ月前、特許庁に申請したその新しい屋号。その商標が審査に通ったようだと、日本の妹から連絡がありました。

今日はその登録手続きのため、サイゴンの中央郵便局へ。書類を作って印刷屋さんでプリントしてもらい、前もって準備しておいた特許印紙を貼り、EMSで日本へ送付してきました。

その新しい屋号は、「Atelier Indochine(アトリエ・インドシン)」です。広い意味でのインドシン(インドシナ)とは、インドと中国の間にある、東南アジアの大陸&半島部分を指します。このあたりのご説明は、また改めて。。

日本を出る前に、この屋号でブランドタグ(服の内側に縫い付けるもの)を作ってもらいました。すでのこれをつけて作っているので、いまさら却下されたら困るな、と内心思ってました。ほっっ。

それにしても、この商標登録手続きをインドシナ半島のサイゴンからするとは、なんとも感慨深いです。EMSが日本につかないのと何の意味もないので、無事に届くように願うばかりです。

この中央郵便局は、まさにインドシナ時代、エッフェル塔を設計したフランス人が鉄骨をデザインし(知らなかったのですが、夫がそう言っていました)建てられたそう。ここ近年、中は観光客で芋の子を洗うような混雑ぶりです。そういう私も観光客のひとり。ここに来るたびに絵ハガキを買っています。

徐々にこのウェブサイトも書き換えていく予定です。去年の夏のように、間違って消してしまわないようにしないと、、。なので、リスクをとってまるっきり新しいページにするか、安全策として今あるこのウェブサイトをところどころ書き換えるだけにするか、悩んでいるところです。

新しいインスタグラムやフェイスブックページも準備ができたら公開します。同時進行で更新していく予定なので、そちらもみなさまにご覧いただければ嬉しいです。

シェアする share: