グレインノート展 終了しました

グレインノート展 終了しました

雨続きだったのが嘘のようないいお天気に恵まれ、4日間のグレインノートでの展示を終えることができました。おいでくださった皆さま、あたたかい応援メールをくださったみなさま、そしてグレインノートの指田さんにも大変お世話になりました。どうもありがとうございました! This weekend saw the end of my first Autumn 2015 show, held in Matsumoto, Japan, at my usual venue there, Grain Note. It was good to see many regular clients and to make new acquaintances as well. Now, on to Tokyo, where I will be showing at Hako+ from September 25 for three days. After that, my online shop will open from October 5th. グレインノートでの展示も6年目になりました。 毎回お会いしているみなさまとは、服のことはさておき、お仕事やお子さんのこと、ものを作っている方々とは製作の悩み(?)など、お話するのがいつも楽しみです。 グレインノートでの展示を始めた頃には、歩きはじめたばかりだったという坊やが今はもう小学校の低学年に成長していたり、中高生だったはずのお子さん達がもう大学生や社会人に、、、と聞くと、年月の経過の早さを改めて感じます。 これまで、オンラインストアでお買い下さっていて、今回は遠くからこの展示会においでいただいたお客様方もいらして、とてもありがたく思いました。メールでのやりとりやパソコン画面をご覧になって決めるというのはとても便利なのですが、こうして実際お会いして選んでいただくのもいいものですね。   白く美しい作品の印象的な陶芸家の岡澤悦子さんには、これからのヒントや励ましをたくさんいただきました。展示会を挟み今もとてもお忙しいはずの岡澤さん、日々の暮らしの中で毎日使える作品と同じく、飾らない温かなお人柄でいらっしゃいます。12月にはオープンアトリエを開かれるそうです。わたしも馳せ参じたい! いつもお世話になっている、愛知県蒲郡市のツバメ舎さんには、藍やぶどう色のものを中心にお送りさせていただきました。丁寧に作られたものだけでなくアンティークも取り扱っていて、センス抜群の店主サエコさん。ツバメ舎さんに頂いた松本さんのアクセサリーはわたしの大のお気に入りです。愛知に行ったらまず伺いたいお店です。   信州もあっという間に秋めいてきました。朝晩はもう肌寒くなり、琉球藍の力が弱まってきているのがわかります。シルバーウィークももうすぐですが、この間も休み返上で染め続けます(ちょっと焦っています)。         さて、グレインノート展の後は、代々木上原のhako+(hakoギャラリー二階)にて、25日より3日間の展示を開きます。続いて、秋のオンラインストアのオープンは、10月5日を予定しています。

グレインノート展 はじまりました(〜13日まで)

グレインノート展 はじまりました(〜13日まで)

今日から松本のグレインノートでの展示がはじまりました。 久しぶりのよいお天気。おいでくださったみなさま、差し入れくださったみなさま、どうもありがとうございました!混んでいない時にはゆっくりお話しもできましたし、おかげさまでとても楽しい1日でした。     下はリニフィッチオ社のしっかりしたリネンで作った、ランタンスリーブのコート。前身頃にも後ろ身頃にも大きなタックをとってあります。この琉球藍の他に、モーブやすみれ色などがあります。ストールが巻けるよう、襟なしです。これは私も一枚欲しい。   こちらは、イタリアのウールカシミア(ウール90%, カシミア10%)のケープです。 私がいつも着ているケープを見て、KさんとMさんがリクエスト下さったので、今回は紺で作ってみました。ご予約承り中です。10月中の発送を予定しています。興味のある方は、ご試着にいらしてください。   明日から3日間、10時〜16時半まで在廊しています(最終日は14時終了です)。お天気を見てどうぞお出かけください。お待ちしています。 ***お問い合わせのメールなど沢山いただいています。どうもありがとうございます。展示が終わってからになりますが必ずお返事いたしますので、しばらくお待ちくださいませ。

グレインノート展 もうすぐはじまります

グレインノート展 もうすぐはじまります

松本市のグレインノートでの展示が、今週10日(木)12時から始まります。 雨続きでなかなか仕上げた服が乾かない中、乾燥したものをとりあえず梱包して、今日はグレインノートへ発送したところです。いやいや、こんなに雨が続くなんて未だかつてないことですよね。     下のスカートは、チェンマイで見つけた藍染めの平織りコットンでつくったものです。しっかりした厚みがあるので、これからの時期に活躍してくれそうです。 ウエストはゴム2本と紐で調節。柔らかくフィットします。丈は長めのものからひざ下丈まで、何種類か作りました。 後染めしてもう少し濃くしている段階のこのスカートもあるのですが、松本展には間に合いませんでした。東京展かオンラインストアでご紹介しますね。     秋らしく、ピンクは渋めで染めてみました。五倍子染めに似ていますが、グレーピンクがかっています。これと同じ色では、丸襟のブラウスや、イタリアのリニフィッチオ社のリネンでつくったコートも展示します。      

秋の展示会 DMできました

秋の展示会 DMできました

お盆からどんどん涼しくなり、もうコオロギやツクツクボウシの鳴き声が聞こえます。信州の夏は本当に短い。 いつも野菜を買いに行くお店には、地元の農家の育てた野菜や果物が並んでいます。ズッキーニの時期がそろそろおしまいになり、最近はカボチャやりんごが出るようになりました(先日、りんごを一袋買ってみたら、栽培者欄に隣家のおじさんの名前が書いてありました。びっくり!)。 どんな季節でもなんでも買えるスーパーの野菜売り場は便利ですが、旬のものが直に買えるこんな場所が気に入っています。     秋の松本と東京展のDMが出来上がりました。9月に入ってから発送準備を始めます。 今回は、開始時間と終了時間がいつもと違いますので、どうぞお気をつけくださいませ。  

blog_19th May グレインノート展 終了しました

blog_19th May グレインノート展 終了しました

ご連絡:今日メールを下さった松山市のI.S様。お問合せどうもありがとうございました。お送りするメールがはね返されているようなので、お手数ですがドメイン指定解除をお願い致します。私のメールのドメインは、tamamiwatanabe.comです。お手数おかけ致します。   さて、日曜日に無事に松本のグレインノート展が終わりました。おいで下さったみなさま、どうもありがとうございました! お客様も様々な年代の方が来て下さいますが、ご家族の話題や世間話から、いつの間にか人生相談になっていることもよくあります。服のことはともかく、そうしたお話が出来るのもこうして展示に来ていただいているからこそですね。展示会の楽しいところでもあります。 ありがたいことに、いつもおいしいものをいただいているのですが、松本のKさんに頂いた自家製の果汁たっぷりのおいしい夏みかんは、生命力が溢れるようでした。高山村で酪農をしている友達の恵子さんに、自分で春の山椒の芽を摘んで作った佃煮や、きゃらぶきの煮物、干し果物、自家製チーズなど、大地に直結しているようなおいしいものを頂きました。 改めて、食べ物を作り育てる仕事というのは、お天気と厳しい自然相手の大変な仕事ですね。恵子さんの右手の指には、山椒を摘んだその跡が残っていて、なんだか藍に染まってとれない私の爪と似ているなあ、、と、ぼんやり考えていました。 牛の面倒をみつつ、春から秋は野菜や果物を育て、冬はチーズや保存食を作り、ムダなく慎ましく生活している恵子さんの生活スタイルは、いつも見習わなければ、と思います。   いつも作業着にしているこのリネンガーゼのチュニックは、何年か前に、徳島のすくも藍を草木灰で発酵させて染めたものです。この藍、時間が経っても、何度洗っても色が落ちません。この時は、どの服もなかなか染まらなくて、何度も何度も何度も染めて、とうとう腱鞘炎になったのでした。 ゆっくり、ゆっくり染めるということは、それだけ落ちにくいということなのですね。この夏もまた徳島のすくもか琉球藍を発酵建てする予定です。

blog_ 2015 Matsumoto Craft Fair クラフトフェアまつもと

blog_ 2015 Matsumoto Craft Fair クラフトフェアまつもと

今年もクラフトフェアまつもと応募の時期がきました。選考に落ちるのではないかと毎年2月はドキドキしながら結果を待っています。もし落ちたら、今年の五月にはゆっくり松本を訪れ、松本民芸館や工芸の五月の展示などへ行ってみたいものです。 先月には、いつも応援してくださっている松阪のYさん達が、松本民芸館の企画展を訪れ、市内のクラフトショップ巡りも満喫なさったと伺って、とても嬉しくなりました。お話によると、このかご展の後は、染と織の企画展が、初夏には刺し子の企画展があるそうです(Yさん、情報どうもありがとうございます!)。 写真は、松本のあがたの森の中にある、旧松本高等学校にて。あがたの森はクラフトフェアまつもとの会場となっていますが、ここに一歩入ると、外の喧噪が嘘のようにひっそりしています。(自由学園明日館もそうですが、こんな学校で勉強してみたかった!) The following photos show interior views of the former Matsumoto High School presently located in Agata-no-mori Park. I am looking forward to participating again in the annual Matsumoto Craft Fair, and look forward to seeing my many friends and customers during the two-day weekend event, held this year on May 30-31.    

「里山のおくりもの かご・ざる」展 松本民芸館 / Exhibition of basketry at Matsumoto Folk Craft Museum

「里山のおくりもの かご・ざる」展 松本民芸館 / Exhibition of basketry at Matsumoto Folk Craft Museum

現在、松本民芸館で「里山のおくりもの かご・ざる」展が開かれています。 県内の竹の籠などだけではなく、日本各地のものも、中国、マレーシア、韓国などのアジアや、中南米など世界各地のもの、様々な素材のもの200点ほどが展示されているそうです。 丁度、開催日の28日はペナンに出発する日だったので、私は見られませんでしたが、松本においでの方は是非。この松本民芸館は、中町通りにあるクラフトのお店「ちきりや」さんのご主人で民芸運動の担い手でもあった故・丸山太郎氏が創設、収集なさった民芸品を展示してある館です。 収集達の住むマレーシアでも手仕事が消えつつあることは前にも書きましたが、同じ日本でも同じ運命をたどらないよう願っています。この展示、見たかったです! 以下引用: 里山のおくりもの ざる・かご展  かつては農家や杣人(そまびと)の副業として、近くの里山で採った竹や蔓などの材料で丈夫な日用品が作られてきました。生活の中で使われてきたざるやかごなど編組品の美しさをご覧いただきたいと思います。 日 時:平成26年10月28日(火)~平成27年2月8日(日) 会 場:松本民芸館 料 金:大人300円 中学生以下および70歳以上の松本市民は無料 問合せ:松本民芸館(TEL 0263-33-1569)   ■松本民芸館 〒390-0221 長野県松本市里山辺1313-1 TEL・FAX:0263-33-1569 ■The Matsumoto Folk Craft Museum (Matsumoto Mingei-kan) Access: From Matsumoto JR Station about 20 minutes by bus — Utsukushigahara Line — to the Folkcraft Museum bus stop. Admission: 300 yen for adult Opening hours: 9:00am – 5:00pm; latest admission: 4:30pm Closed Mondays and Dec 29 – Jan 3 Tel: 0263-33-1569 The Matsumoto Folkcraft Museum features exhibits of handmade wood and bamboo items, glassware, china, and porcelain. These items originate not only from this region, but from other parts of Japan and foreign countries as well.

クラフトフェアまつもと 終了しました

クラフトフェアまつもと 終了しました

今シーズン最後の展示、クラフトフェアまつもとでの展示が終了しました。 ブースにお寄り下さったみなさま、お買い上げくださったみなさま、お声かけてくださったみなさま、私の体調を心配してくださったみなさま、どうもありがとうございました!ヒマラヤ杉の木陰のブースは風も心地よく、楽しい二日間が過ごせました。ここで1年に一度だけお会いし続けている方も多くいらっしゃいました。クラフトフェアまつもとの根強い人気を感じます。 沢山のクラフト作家さんの作品をみることの出来るせっかくのこの機会なのですが、先々週のぎっくり腰から回復していないこともあり、数人の方のブースをちょっと拝見するだけで精一杯。それぞれベテランの、織りの小河さん・ホームスパンの新藤さん・おなじみガラスの前田さん、ハリネズミのピンクッションなど人気の木工作家寺下健太さん、、etc。みなさんの手を通すと、シンプルな素材がこうも変身するものなのだと改めて思わせる作品達でした。あの方も、この方も見たい、と思いつつも、体調不良で回る事ができず残念でした。 染めも体力勝負ですね。自分の健康と相談して、今後はカラーリネンも使っていこうかな、などとも思っています。しばらくは安静にしつつ、来年の計画を練ります。 みなさまも、初夏の爽やかな頃を楽しんでくださいませ!   クラフトフェアまつもとの写真は、沢山の方がブログなどにアップしているので、私は今回撮りませんでした。会場になっているあがたの森公園にある建物の写真は3枚ほど撮ったので、現像したらアップしますね。

グレインノート展 終了しました

グレインノート展 終了しました

昨日の日曜日、松本のグレインノート展が終わりました。 おいで下さったみなさま、どうもありがとうございました!差し入れもいただき、みなさまにも久しぶりにお会いできて嬉しい4日間でした。初日の午前中は大抵混むのですが、今回は分散して来て下さった方も多く、とても助かりました。 実は、ちょうど先週の月曜日、中腰で藍染め中にぎっくり腰をやってしまいました。どうしようもなかった時のために、グレインノートへヨガマットを持っていったものの、なんとか持ちこたえることができました。まぁ、その辺にのんびり寝転んでいる訳にもいきませんよね、、。今週末はクラフトフェアまつもとが控えていますので、しばらくは安静にしていることにします(頭の中で「仕事しろ」と声が聞こえてきますが)。   最終日の昨日、おきな堂さん3Fで開かれていた、インドのカディのお洋服や布を見てきました。手のかかったインドの刺し子とも言えるカンタ刺繍、表裏の布と糸の色合わせもすばらしかった。松本展の楽しみの一つは、こうして籠や器、布など、他の方の作ったものを見て歩く事。そして今回は、信州の漆の曲げわっぱ弁当箱が欲しかったのですが、そんなもの探してほっつき歩いている場合ではありませんでした。クラフトの時も見られないだろうなぁ、、、また体調を整えて次シーズンに。