Jackfruit/ ジャックフルーツ 皮をむいたものが、トレーに入って売っています。

関東をはじめ各地で大雪が降った大変な週末だったようですが、みなさまお変わりないでしょうか?

実家の辺りでは50cmほどの降雪があったようで、母曰く、父が、私の家の「デッキの屋根につっかえ棒をして」くれたそうですが、デッキの屋根だけが無事で、アトリエと家の方がつぶれているかもしれません。あと一ヶ月弱で帰宅するので、帰る家がないと困りますねー。雪が多いのは生活上不便ですが、カリフォルニアでは極端に今年の降雪が少なく水不足が心配される、というニュースを読むと、雪がきちんと降るのはよいことなのだと分かります。何事もほどほどなら良い、ということですね。

 

ペナンはお天気が変わってきました。一ヶ月ほど雨が降っておらず、どこもカラカラですがが、ここ最近、日本の秋の空の様なウロコ雲が現れています。ようやく降るのかも?タイではしばらくすると暑さも増してマンゴーのおいしくなる時期なのですが、この頃は毎年日本に帰っているので、いつもそれを逃がしています。

ここで手に入りやすいのは、ジャックフルーツ。下の写真にある巨大な実をばらして、すぐ食べられるように小分けにしたものをパックしてマーケットで売っています。息子が種を植木鉢に蒔いてみましたが、このアパート内で発芽したら、「ジャックと豆の木」状態になりそうです。このジャックフルーツの木芯は、僧侶の法衣を染めるのに使われていました(今は化学染料ではないでしょうか?)。育ててみたい木の一つです。信じられないほど大きな実がゴロゴロ垂れ下がっているので、安全のため、この木の下を歩くにはヘルメットを被ったほうがよいかと思われます。

 

Jackfruit/ ジャックフルーツ 皮をむいたものが、トレーに入って売っています。
Jackfruit/ ジャックフルーツ 皮をむいたものが、トレーに入って売っています。
jackfruit
Jackfruit at Chowlasta market, Penang /チャイナタウンのジャックフルーツ売り(問屋さん?)。
シェアする share: