リネンパンツとブラウス linen pants and blouse

インド料理を食べると、ペナンへ帰って来たなぁ、と思うのですが、何か違うような気がします。あれ?

よく通っていた、ベジタリアンのインド料理店ですが、久しぶりに行ってみると、スタッフのほとんどが入れ替わっていました。みんな、インドを中心に南アジア各地から出稼ぎで来ていた若者ばかりのようです。メニューも変わってしまい、カシミールナンのセットを頼むと、タンドリーチキンがはいっています。ベジタリアンなので、大豆タンパクのチキンもどきなのですが、タンパク源を植物性で採ろうとすると苦労するので、これは嬉しいです。会計をお願いすると、5人ほどスタッフが集まり大議論となっていました(←まだものの値段を覚えていないのかも)。

カシミールナン
Kashimir Nan set. カシミールナンのセット。ダル(豆のスープ)にチャツネがついています。ナンはドライフルーツが入って甘いです。

 

そして、この時期は市場でドリアンを売る人がちらほら。みんな真剣な顔をし、ハリセンボンのようなドリアンの実を床に落として弾み具合をみながら(熟していると跳ぶのか?)選んでいます。これは、中身を取り出して、パック売りになっていたものを買って来たもの。ドリアンの強い香りと共に、濃厚なクリームを食べているようです。毎日食べたら確実に太ります。そして冷蔵庫の中が常時ものすごいにおいとなります。

ドリアン
Durian

 

この春夏に作ったブラウスですが、お腹が隠れるほど長くない、という理由でそれほど人気がなかったので、自分用に一枚下ろしました(言い訳)。この薄手で表情のあるリネン生地が、非常に良いのです。もう、この生地を着るためにデザインをシンプルにしたほど。ワイドパンツと合わせると、風がスースー入って来て、とても快適です(はだしで失礼しました)。

リネンパンツブラウス
これがそのブラウスです

 

シェアする share: