リコッタ

リコッタ

この週末、友達のKちゃんから手作りのリコッタチーズが届きました。 Kちゃんは牛を飼っていて、冬場には趣味でチーズを作っているのです。 送ってくれたリコッタの重さを量ってみたら、1キロ弱もありました。これだけのチーズを作るのに、いったいどれだけ牛乳を使うのでしょう?(ざっくり調べてみたら、「100gのチーズをつくるのに、およそ10~14倍の牛乳が使われる」とありました。当たり前ですが、ハードチーズほどたくさん使うでしょうね)。Kちゃん、Kちゃんの牛たち、どうもありがとう! せっかくのリコッタだからと、ニョッキを作ってくれました。ニョッキというのは、歯応えがあるものだと思っていましたが、リコッタのニョッキはふわふわ。とても軽くてたくさん食べてしまいそうです。 … この週末は、打ち合わせブラウスをカディで縫っていました(一番上の写真)。リコッタチーズ色のカディです! チャイナ風で一見簡素ですが、打ち合わせがちょっと変わっています。とても好きなデザイン。 出来上がったものを自分で着てみたら、まるでシェフのようです(染めていないから白いし・・)。一度洗ってみたところ、カディらしいぽこぽこした風合いが表面にでてきて、染めるのがもったいなく思えます。ひとまずこれは保留です。ああ、試作3つつくったのに、この決断はつらい・・・。 そういえば、時々お世話になっているクライミング用品のお店からお知らせがきました。コロナウィルスの影響で、世界的にメーカーも生産が遅れていたり、コスト(石油や人件費ですね、きっと)が上がってきているとのこと。希望の量だけ仕入れもできないものもあるそうで・・。 衣類や道具に限らず、今はどこも同じような話を聞きます。私も例外ではなく、カディやリネンのお値段や、制作の費用が上がっていくこと、思うように作れないことに怖さを感じています。 今こそ、たくさん作ってたくさん売るのではなく、少しずつ大事に作って、使い手のみなさまのお手元へ大事にお届けすることの大切さを考えています。

雪の週末

雪の週末

夏のブラウスのパターンを作っている真っ最中なのですが、寒くてなんだかイメージが湧きません(サンプルを三つも作り直したのはそのせいではありませんが・・・)。 … アトリエの前に、大きなどんぐりの木がありました。 自分でどんぐりを植えたものですが、アトリエの屋根の倍くらい(8メートルくらい)に育ちました。ここ何年かは、そのどんくりの木を伝って、アトリエの中にアリが入ってきて困っていました。 どんぐりにはかわいそうでしたが、思い切って切ることにしたのです。 アトリエの屋根にのってチェーンソーでまず枝を落とし、幹に縄をかけて息子に引っ張っていてもらいながら、刻みを入れて倒しました。 しかし、生木ってすごい重量があるのですね。幹が歩道の上に倒れたのですが、そのコンクリートが見事にボキボキと割れました(敷地内の歩道です)。 この幹は、乾かして実家の薪ストーブの燃料になります。 … 週末は息子とご飯をつくります。料理もそろそろ覚えないと将来困りますし・・・。 (先日インスタにも書いたのですが)息子の背中が大き過ぎて、フライパンの中身をチェックしたくても見えません。飛んだり跳ねたりして中をチェックしているマヌケな私を想像してくださいませ・・・笑。

クラフトフェアまつもと

クラフトフェアまつもと

2022年クラフトフェアまつもとの選考結果が、先日届きました。 結果は落選。しかも今回だけでなく、2020年の選考にも落ちているのです(2020年、2021年ともにコロナ蔓延のため中止となりましたが)。 10年ほど前からクラフトフェアまつもとに出展させていただいています。それから歳月を経て、作るものの質は上がっているはずです(写真だってそんなに悪いものは応募にだしませんし)。 続けて2度も落ちるということは、おそらくクラフトフェアまつもとにもう必要とされていないのでしょう、と勝手に納得。 ですが納得できないのは、みなさまにお会いできないことです。クラフトフェアまつもとでしかお会いできない方もたくさんいらっしゃいます(屋外のイベントならコロナ感染の心配も少ないでしょうから、今年はいいかなと思っていた矢先・・) みなさまがブースにお顔を出してくださるのを楽しみにしていたのですが、今年もお会いできそうにありません。申し訳ありません・・・。 … 以前通っていた八百屋さんへ、また行き始めました。 今までは、近所にあるファーマーズマーケットで野菜を買っていたのです(開ききったブロッコリーや促成栽培?のひょろひょろのほうれん草が・・・)。 が、やはり八百屋さんは違います。ぎゅーっと締まったブロッコリーや味の濃い野菜が山積み。あれもこれもと大量に野菜を買ってきます。青物系はすぐに茹で、残りで常備菜を作ります。母が何十年も前に使っていた常備菜の本と、自分で買って積読になっていた常備菜の本が大活躍。狂ったように作り置きしています。 毎回のご飯の支度も楽になり、仕事に集中できるようになりました(冷蔵庫はパンパンです)。 写真はペレットストーブで煮物をしている図。 キッチンのコンロである程度火を入れておいて、ペレットストーブに載せて放置。薪ストーブのような火力はないので(というか、火が入っていても寒い・・・)、トロトロ煮るのにぴったりです。 いつもゴールデンウィークごろまでストーブを使うので、あと2ヶ月ほどはこの方法で常備菜をつくることができそうです。

展示会とオンラインストアにつきまして

展示会とオンラインストアにつきまして

いきなり春が来たかのような暖かさです。 屋外の水道も使えるようになりました。染め場の整理をしたり、藍染めにつかう灰汁をとったり、忙しくなりそうです!(が、まだパターン製作を続行中です・・・おわるのか?!) … ずっと様子をみてきましたが、今年の東京での展示は未定のままです。 安心して見ていただけるようになるまで、まだしばらくかかりそうですね(時間帯で予約制にさせていただくのも一つの案かなとは思います。こちらも検討中です)。 ですので、しばらくはオンラインストアで見ていただけるようにします。 今年一番初めのストアは、4月上旬オープンを予定しています。その後は、初夏、夏、初秋のストアをいつものように期間限定でオープンできたらいいなと考えています。 ストアオープンの予定が決まり次第、このブログのほか、ニュースレターとLINEでお知らせしますね。 神経痛でずっと腰痛に悩まされている夫ですが、すこし気持ちに余裕がでてきたのか、パン焼きもゆっくり復活しています。 おいしそうに焼けたので、息子にパンを持ってもらい写真を撮りました。大きな手で持つと、パンがとても小さく見えます。

ローブのサンプル完成

ローブのサンプル完成

雪が降ってもすぐにとけるようになりました。まだまだ寒いけれど(今朝も−7℃)、少しずつ春に近づいていますね。 … 先日の拡大パターンから、2着サンプルが出来上がりました。これを藍で染める日が待ち遠しいです。(まだまだ藍がめ凍っていますが・・)。 人台を相手に立体でパターンを作るのが楽しくて、まだまだこの作業も終わりそうにありません。井戸水が使えるようになるまで待つ間、秋の分までデザインしてしまいたいです。

パターンのこと

パターンのこと

パターンを作るのに、自宅にあるA1サイズの青焼き機でコピーしています(青焼きとは、設計や建築でかつてよく使われていた、いわゆる青写真です。もう機械も紙も日本では作られていません)。 いま取りかかっているローブ2着に使いたい布がかなり縮むのです。その伸縮率を見越して、パターンをあらかじめ大きく作らなければなりません。 大まかなものなら、パンタグラフ(下の写真)で拡大できるのですが、精度があまりよくありません。細かく計算して、またトレーシングペーパーへ引き直し、それを青焼きで焼いて切り貼りするというのも、考えただけで、気が遠くなります(いつもこの方法でやってきたのですが・・)。 ふと思いついて調べてみたら、大判コピーをしてくれるお店が町の中にありました。問い合わせたら、拡大もできるとのこと。しかも、よく中華食材を買いにいくお店の隣です。 雪が降る前に(雪が降ったら出かけられなくなるので)急いで行ってみると、A0サイズまでコピーしていただけるとのこと。拡大率も伝えて、無事に2着分のパターンのコピーをお願いすることができました。 コピーしていていただいている間、私はその隣の中華食材店で、クコの実やら花椒やら(他にもいろいろ)、ついでに買い物もできました。 アトリエにある青焼き機も、癖があって使いにくいけれど、ちょっと思いついた時に使えて便利といえば便利です。でももう紙もあるだけだし(製造停止になる前にたくさん買っておいたもの)、これを使い切ったらもうおしまいです。 大判コピー機もいずれ買わなければと思っていましたが、こんないいコピー屋さんを見つけたので、買わなくて済みそうです。 一番嬉しいのは、めんどうな拡大パターンもこんなに簡単に正確に出来上がること(一番上の写真です!)。この浮いた時間でもっと他のパターンにとりかかることができそうです。一石三鳥くらいの気持ちです。 というわけで、この週末はこのパターンを切り抜いて、見本作りをしています。 … コピーとは関係ありませんが、今日はブースター接種へ行ってきました。モデルナです。しばらく前に接種した妹も父も、接種後に熱もでることはなかったようですが、さて私はどうなるでしょうか?

朝の散歩

朝の散歩

朝起きて窓を開けると、アトリエへ続く屋根から雪がせりだして落ちそうになっていました。 夜のうちに薄く降った雪がさくさくで、裏山もまっしろ。息子とかぶとむしを取りに行っていたあたりへちょっと散歩してきました。 山の方から里へ降りてくる動物の足跡がありました(きつね?)。 アトリエへ続く屋根。この後、息子が喜んで雪をたたき落としていました。雪遊びが好きなのも、まだまだ子供の証拠です。 … 雪とは関係ない話ですが・・ 毎日使っているMacbookの充電がだんだんできなくなり、とうとう電源ケーブルなしでは動かなくなってしまいました。もう5年以上動いてくれたPCです。 一年前にアップルへ送って修理の見積もりをだしてもらったところ、他の部分の修理と合わせて、パソコン一台買えるくらいの値段がでました。それで放置してあったものです。 ふと思いついて調べてみたら、バッテリーを交換できることがわかりました(もっと早くに調べればよかった・・)。 サードパーティーのバッテリーパックを買っておいたので、昨日はそのパソコンの裏を開けてあちこち外し、無事に新しいものに交換しました(ピンセットを使って作業しました)。 もうダメかな・・と思っていたのに、今では問題なく動いてくれます。 なんでもそうですが、決して安くはないお金を払って、数年しか使えないというのも納得がいきません。自分で修理できないような作りに進化しているようですが、出来る限り直して使いたいと思います。

立体でつくる

立体でつくる

夜、お風呂があくのを待つ時間が、パソコンを開く時間になっているこの頃です(息子が長風呂なのです)。 さきごろ作っていたタックの入ったブラウスは、ほとんど平面(パターンを紙で作る方法)で作ったのです。そうすると、実際に布で形にしたとき、自分がイメージしていたものと違ってくることがよくあります。そのイメージと出来上がったもののすり合わせで、何度も試作を作ることになるのです。 試作を何度も作るのにこりて、今度は立体でブラウスを作っています。 ドレープの感じもゆとりの分量も加減しやすいし、慣れればこちらの方がイメージにずっと近いものを作ることができます。(タックのあるものは、立体で一からつくると誤差が大きいのです。それで平面で作ったのですけれど)。 やっぱりこれは楽しいなぁ。 おおまかに組んだらなんだか袖がおおざっぱ。これは作り直しです。 一番上の写真は、最近の積読(「つんどく」で変換されるのですね!)。 まとまった読む時間というのはなかなかありませうう。夫のリハビリの待ち時間に短編集を一冊読みました。朝早く起きて静かな時間に短編を一つづつ読めばいいのだと思いつき、最近はできるだけそうしています。 歳をとって老化してくのは嫌だけれど、これらの本の良さやすごさは(森鴎外なんて絶対読まなかった)20歳の時にはわからなかったと思えば、今の年齢になったのも悪くないなと思えてきます。 日差しが強くなりましたが、散歩道にはまだまだ雪が残っています。

寒い週末

寒い週末

寒さが戻ってきましたね。でも、雪かきするほどではありませんし、屋外にある染め場の水道もつかえます(排水管が凍らなくなった、というだけのこと)。 今年も青色申告と確定申告の集計が終わり(提出はまだ)、ほっとしています。明日からまた仕事に戻ります。 … しばらく前のことですが、実弟がこどもたちを高崎へ連れて行ったときに、お土産を買ってきてくれました。 それはこけしの形をしたもなか。5センチほどの大きさです。「観音もなか」と書いてありました。 食べてしまうのがもったいなくて、手に載せてしばし眺める私。頭からかぶりつく息子。 ここで初めて説明書きに目を通した私。そこには、「自分の治したい所から食べ、観音様からご慈悲を頂く」とありました。 頭から食べてしまった息子は、ぽかーんとしてました(←頭がよくなるのか?)。 この時から腰が痛かった夫は、腰から食べようとしました。が、一口噛んだところで、観音様がバラバラに・・なんとも無残な姿。夫は、「朝起きて自分がこんな姿になっていたらどうしよう」とつぶやいていました。 補足:夫もリハビリとエクササイズを初めて1ヶ月。ようやくその効果がでてきたようです。バラバラになってしまった観音様の効果でしょうか?! … おやつがないので、マドレーヌを焼きました。バターたっぷり。 型からひっくり返して、うまく筋がついていると嬉しくなります。

丸えりブラウス

丸えりブラウス

今年のブラウス、作りたいものはいろいろあるのですが、なかなかパターンとサンプル作りが進みません。 白い丸えりのブラウスは、やっと形が決まりました。タックで袖を立体的にしました。 スピードアップしないと、あっという間に3月が来てしまいそうです・・・間に合うのか・・?! 上の写真は2019年のもの。春にはまだ遠いけれど、こんな色いいな。 … 今日は息子の希望高校の面接がありました。 コロナで学校へ出向くことができないため、電話で面接をしていただくというありがたい配慮。 対面でお話しするのが苦手な息子にとっても、気持ちが楽だったと思います。 面接のあとは、履修科目や勉強の進め方の説明がありました。それは、私ももう一度高校をやりなおしたい!と思うような自由さ。自分で計画して自分で勉強を進めていくので、息子にできるのか心配ではありますが、私たちの学生時代にもこんな選択があったらよかったのにな、と(学校嫌いだったので)羨ましく思います。