フェンネル

フェンネル

ようやく自分の時間が少しできたので、米粉のパンを焼いてみました。外側がカリカリになるように焼くレシピです。小麦の香ばしさはないけれど、その外側のカリカリと中のもちもちがなかなかおいしいパンになりました。 思い出して、安曇野のエイコーンさんに以前いただいた、グリーンゲージプラム(すもも)とフェンネルポラン(花粉)のジャムの封を開けてみました。小麦を食べられなくなってしまい、いただいたまま寝かせてあったものです。 初めて焼いた米粉パンにバターを薄く塗って、プラムとフェンネルポランのジャムを乗せて食べてみました。これはおいしい。フェンネルの茎と同じ、爽やかな香りです。花粉だけでこんなに強いフェンネルの香りがでるものなのだと感動しました。食べるものにはこだわる夫も、しっかりとフェンネルの香りがすることに驚いていたようです。 この春に、母が庭に植えたフェンネルが、私の背丈より大きくなっています。 これはバルブ(茎)が太る(食べられる)種類ではないので、葉っぱを使うのでしょうが、こんなに立派なのに誰も使わないままです。ちょうど今、花も満開です。アゲハの小さな幼虫もたくさんついています。 花に袋をかぶせて振ってみると、花粉がぽろぽろと落ちてきました。一本の株から、これだけの花粉がとれました。指で少しつぶしてみると、強いフェンネルの香りがします。これがジャムにはいっていたのかぁ。 使い道はあとで考えることにして、とりあえず冷凍です(薬効もあるそうですよ〜)。 一足遅れでつくった白梅漬け(春からバッタバタで時間がなかったのです・・)。 オンラインストアが終わってやっと落ち着いたので、カンカン照りの日に4日干しました。干しすぎてしまったのか、瓶詰めにしてからあまり梅酢が出てきません。しょっぱいかなーー。 最近は、お昼前に出かける時はおにぎりを握り、すず竹のお弁当籠に詰めて持っていきます。来年はこの梅も入れられそうです。楽しみです。

ストアの準備&おやつのこと

ストアの準備&おやつのこと

息子を学校へ送ってから、オンラインストアの作業をしているのですが、さっそく問題が発生しました。ストアにアップした画像が、全部上下逆さまに・・・ぎゃーーー! ショッピングカートの運営会社へ連絡して調査してもらった結果、他でも同じような現象が起きていることがわかりました。 今、原因を探ってもらっていますが、ストアオープンに間に合うのでしょうか・・・? そして、先ほどはストアオープンのお知らせニュースレターを配信したところです。今回は文字の間違いはないように気をつけたのですが、なんと画像をつけるのを忘れてしまいました・・・すみません。 … ここのところ、小麦製品や乳製品、豆類を食べるとお腹が痛くなることがわかりました。西洋のケーキやデザート系は全部食べられません。 そこで、和菓子に注目。最近は、お団子や米粉のパウンドケーキを作ったりしています。 こちらは先日図書館で借りてきた本。 いまでも、このように歴史や風土を受け継いだお菓子が各地でつくられていることはすばらしい。取り寄せや一般の小売店で全国のたべものが手に入るようになり、季節感も地域性もあまり感じられない時代になりました。 でも、旬の時期に手作りのものをいただくのは特別おいしいですね。餅米と砂糖、小豆という基本的な材料から、地域によってこんなにバリエーション豊かなおやつができるなんて!読み物としても非常に良い本だと思います。全部作ってみたくなります!(小豆は食べられないのですが・・) 私のお気に入りは、ニッキ(肉桂)の葉や朴葉で包んだもの(食べたことないけど)。柏の葉っぱはお馴染みですが、ニッキで包んだものがあるなんて。 タイやベトナムでも、パンダンの葉っぱ(甘い香りがします)や蓮の葉でつつんだ食べ物ものがあります。 葉っぱで包むのは、日持ちさせるためや、香りつけ(これは後からついてきたものかもしれませんね)という目的がありますが、その場所で手に入りやすいものを使い、独自のおやつの姿に進化したところに、人の知恵を感じます。

藍染

藍染

ゴールデンウィークには、大工仕事や家の修理をしていました。 染め場にはよしずや寒冷紗などをかけて、夏仕様にしました。日差しが強くなってきて、染め作業も汗だくになる日もあります。これで快適に(暗いけれど)作業できるようになりました。スズメバチの罠も仕掛けたし(藍染の香りが好きらしく、作業中にブンブンされてます)、これで初夏の準備完了です。 やることがなくなったと同時にゴールデンウィークも終了。今週から染め作業も再開。初夏のローブのノリ抜きをして、藍で染めています。薄物なので、長い丈もつらくありません。 これは二回染めたところ。太陽の色が変わってきて、バックの緑に藍の色が映えますね。

オンラインストア はじまりました

オンラインストア はじまりました

今日4月6日21:00から、春のオンラインストアがオープンしました(今日のブログは予約投稿です・・なので時間ぴったりのはず、ふふ)。 4月13日まで開けていますので、ゆっくりご覧くださいね。 薄手のものから、ダブルガーゼ地や中厚手のリネンのものもあります。お天気がコロコロ変わる春ですから、その日に合わせて着ていただけそうですね。 みなさまのお気に入りを見つけていただければ幸いです。 … オンラインストアの準備をだいたい済ませ、昨日は急きょ白馬方面へ行ってきました。 今月下旬に息子の参加するクライミングの県大会があります。その会場の下見です。 息子の友達のお母さんが誘ってくださったのです(じつは私、方向音痴。自分たちだけで行っていたら遭難していたかもしれません・・・?) 白馬についてびっくり。家から1時間弱のドライブで着く場所が、こんなにまだ雪深いとは。地面からにょっきり生えたような山が連なり、それが真っ白に光っていました。 会場は白馬の奥の小谷村というところにあります。こちらは、スイスかオーストリアかという雰囲気(行ったことないけれど)。 この景色は会場のすぐ外。ベンチに座り、山を眺めながらのお昼ごはんにしました。夫がパンを焼いてくれたのを丸ごと持って行ったので、その場でスライスして、ピクルス、生ハム、チーズをはさんでサンドイッチにしました。 サンドイッチはおいしかったけれど、雪の上を通って吹いてくる風がとても冷たく、ブルブル震えながら食べました・・アホすぎる。 会場の下見もし、思う存分クライミングもして子供たちも大満足(私は少ししか登らなかったのに、みごとに筋肉痛です)。

雪の週末

雪の週末

夏のブラウスのパターンを作っている真っ最中なのですが、寒くてなんだかイメージが湧きません(サンプルを三つも作り直したのはそのせいではありませんが・・・)。 … アトリエの前に、大きなどんぐりの木がありました。 自分でどんぐりを植えたものですが、アトリエの屋根の倍くらい(8メートルくらい)に育ちました。ここ何年かは、そのどんくりの木を伝って、アトリエの中にアリが入ってきて困っていました。 どんぐりにはかわいそうでしたが、思い切って切ることにしたのです。 アトリエの屋根にのってチェーンソーでまず枝を落とし、幹に縄をかけて息子に引っ張っていてもらいながら、刻みを入れて倒しました。 しかし、生木ってすごい重量があるのですね。幹が歩道の上に倒れたのですが、そのコンクリートが見事にボキボキと割れました(敷地内の歩道です)。 この幹は、乾かして実家の薪ストーブの燃料になります。 … 週末は息子とご飯をつくります。料理もそろそろ覚えないと将来困りますし・・・。 (先日インスタにも書いたのですが)息子の背中が大き過ぎて、フライパンの中身をチェックしたくても見えません。飛んだり跳ねたりして中をチェックしているマヌケな私を想像してくださいませ・・・笑。

ローブのサンプル完成

ローブのサンプル完成

雪が降ってもすぐにとけるようになりました。まだまだ寒いけれど(今朝も−7℃)、少しずつ春に近づいていますね。 … 先日の拡大パターンから、2着サンプルが出来上がりました。これを藍で染める日が待ち遠しいです。(まだまだ藍がめ凍っていますが・・)。 人台を相手に立体でパターンを作るのが楽しくて、まだまだこの作業も終わりそうにありません。井戸水が使えるようになるまで待つ間、秋の分までデザインしてしまいたいです。

朝の散歩

朝の散歩

朝起きて窓を開けると、アトリエへ続く屋根から雪がせりだして落ちそうになっていました。 夜のうちに薄く降った雪がさくさくで、裏山もまっしろ。息子とかぶとむしを取りに行っていたあたりへちょっと散歩してきました。 山の方から里へ降りてくる動物の足跡がありました(きつね?)。 アトリエへ続く屋根。この後、息子が喜んで雪をたたき落としていました。雪遊びが好きなのも、まだまだ子供の証拠です。 … 雪とは関係ない話ですが・・ 毎日使っているMacbookの充電がだんだんできなくなり、とうとう電源ケーブルなしでは動かなくなってしまいました。もう5年以上動いてくれたPCです。 一年前にアップルへ送って修理の見積もりをだしてもらったところ、他の部分の修理と合わせて、パソコン一台買えるくらいの値段がでました。それで放置してあったものです。 ふと思いついて調べてみたら、バッテリーを交換できることがわかりました(もっと早くに調べればよかった・・)。 サードパーティーのバッテリーパックを買っておいたので、昨日はそのパソコンの裏を開けてあちこち外し、無事に新しいものに交換しました(ピンセットを使って作業しました)。 もうダメかな・・と思っていたのに、今では問題なく動いてくれます。 なんでもそうですが、決して安くはないお金を払って、数年しか使えないというのも納得がいきません。自分で修理できないような作りに進化しているようですが、出来る限り直して使いたいと思います。

立体でつくる

立体でつくる

夜、お風呂があくのを待つ時間が、パソコンを開く時間になっているこの頃です(息子が長風呂なのです)。 さきごろ作っていたタックの入ったブラウスは、ほとんど平面(パターンを紙で作る方法)で作ったのです。そうすると、実際に布で形にしたとき、自分がイメージしていたものと違ってくることがよくあります。そのイメージと出来上がったもののすり合わせで、何度も試作を作ることになるのです。 試作を何度も作るのにこりて、今度は立体でブラウスを作っています。 ドレープの感じもゆとりの分量も加減しやすいし、慣れればこちらの方がイメージにずっと近いものを作ることができます。(タックのあるものは、立体で一からつくると誤差が大きいのです。それで平面で作ったのですけれど)。 やっぱりこれは楽しいなぁ。 おおまかに組んだらなんだか袖がおおざっぱ。これは作り直しです。 一番上の写真は、最近の積読(「つんどく」で変換されるのですね!)。 まとまった読む時間というのはなかなかありませうう。夫のリハビリの待ち時間に短編集を一冊読みました。朝早く起きて静かな時間に短編を一つづつ読めばいいのだと思いつき、最近はできるだけそうしています。 歳をとって老化してくのは嫌だけれど、これらの本の良さやすごさは(森鴎外なんて絶対読まなかった)20歳の時にはわからなかったと思えば、今の年齢になったのも悪くないなと思えてきます。 日差しが強くなりましたが、散歩道にはまだまだ雪が残っています。

寒い週末

寒い週末

寒さが戻ってきましたね。でも、雪かきするほどではありませんし、屋外にある染め場の水道もつかえます(排水管が凍らなくなった、というだけのこと)。 今年も青色申告と確定申告の集計が終わり(提出はまだ)、ほっとしています。明日からまた仕事に戻ります。 … しばらく前のことですが、実弟がこどもたちを高崎へ連れて行ったときに、お土産を買ってきてくれました。 それはこけしの形をしたもなか。5センチほどの大きさです。「観音もなか」と書いてありました。 食べてしまうのがもったいなくて、手に載せてしばし眺める私。頭からかぶりつく息子。 ここで初めて説明書きに目を通した私。そこには、「自分の治したい所から食べ、観音様からご慈悲を頂く」とありました。 頭から食べてしまった息子は、ぽかーんとしてました(←頭がよくなるのか?)。 この時から腰が痛かった夫は、腰から食べようとしました。が、一口噛んだところで、観音様がバラバラに・・なんとも無残な姿。夫は、「朝起きて自分がこんな姿になっていたらどうしよう」とつぶやいていました。 補足:夫もリハビリとエクササイズを初めて1ヶ月。ようやくその効果がでてきたようです。バラバラになってしまった観音様の効果でしょうか?! … おやつがないので、マドレーヌを焼きました。バターたっぷり。 型からひっくり返して、うまく筋がついていると嬉しくなります。

ピンタック

ピンタック

この冬は3〜4日おきに雪が降ります。 雪の日は眠いのです。夜雪かきする日もありますが、だいたいは朝早くから雪かき。 車が道を通り始める前に雪かきしておかないと、固まってしまいます。なので、どうしても時間が早くなります(父の運転する除雪車の音で目が覚めます)。 さてさて、この頃はピンタックブラウスの試作にとりかかっていました。 タックの幅や位置が気に入らなくて、三つ目の正直でやっとデザイン決定(画像は2つ目。これはボツに)。ピンタックではなく、タック(ピンタックより太い)になりました。 実際に使う布で作ってみないと感じがわからないので、結局はどうしても作り直しがでてきます。 作りたいものはたくさんあるのですが(夏物ばかり)、まだまだ終わりが見えません。 こんなことしているうちに、春になってしまう・・・。 … おまけ・・・今朝撮った庭の写真です↓ 犬は元気です(自分の犬ではないので、気持ちが通じ合っていません。なかなかこっちを見てくれない・・)