冬の仕事

冬の仕事

雪の写真ばかりですみません・・ でもこの週末はとてもよいお天気。 家中の窓ガラスを拭いて部屋の空気を入れ替え、たっぷり掃除と洗濯ができました(朝は-7°くらいなので洗濯物は凍るのですが、それでも乾くのです!)。 雪が降れば雪かき、晴れたら晴れたでいろいろな作業が待っています・・冬は家事がなんだか多いです。。 アトリエが0°c以下になるので、とても仕事ができません。自宅に作業場を作って縫い物をしています。 春物はガーゼのベーシックなブラウス、そして夏物はカディのブラウスの新しいデザインを考えています。家のことで振り回されて、なかなか作業が進まないのが一番の課題です。今年は限られた時間を有効に使うことが目標です(今更・・・)! 先日焼いたパウンドケーキ。仕事の合間の楽しみ(食べる方)です。ドライフルーツをラム酒で漬けておいたのをたっぷり入れました。 このパウンド型は、夫の母に買ってもらったのです。ワイヤーのバーを下ろすと、パタンパタンと型が開くのです。この型、もう一つ欲しい。コロナのことももあるし、あちらに行くことができるのも何年先になるかわかりません。

クリスマスも過ぎて

クリスマスも過ぎて

来年のクラフトフェアの応募をすませ、息子の今年最後のクライミングレッスンも終わったタイミングで寒波の予報。用事を済ませておいてよかった・・。 今のところ(日曜日の朝8時台です)ちらちらとしか降っていませんが、この後どんどん降ってくるんだろうな。冬ってこんなに寒かったっけ?と思うくらい、今回は厳しく感じます。 上のイモムシみたいなものは、先日焼いたシュトーレン。 1ヶ月前からドライフルーツをラム酒で漬けておいたものと、無農薬の柑橘類で作ったピール、ナッツをたくさんを入れました。 シュトーレンは、アドベント(クリスマスの4週間前に開始)の間に少しずつ切って食べるものだそうです。でも、食べ盛りの息子の手にかかれば、一瞬で終わってしまいます。あぁ、ひとつだけでなくてよかった・・。

いちじく

いちじく

先日、安曇野のエイコーン さんで、この美しい本をいただいてきました(あ!エイコーン さんに王子様ブラウス納品しました!)。 ぎっくり腰で留守番をしていた夫にこの本を見せると、ピューンと庭にいちじくをとりに飛び出していきました。 もう収穫の盛りは過ぎたのですが、残っている中から熟しているいちじくを選んで持ってきました。食べ物にかける情熱がすごいです・・。 切って開いてストーブの上に広げたところで腰痛が再発。 でも、ひっくりかえしたり、外に出したり、 毎日面倒をみながら乾かすこと一週間。 自然がつくったきれいな色。このまま眺めているのもいいなぁ・・。 今日になって、ようやく夫の腰痛も落ち着き、ドライイチジクもめでたくお菓子になりました。 クッキーのような生地の間に、いちじくとりんごで作ったフィリングが挟んであります。このフィリングが最高でした(買ったものみたいにぐにゃぐにゃしていないのです。シャキシャキしていて感動!) 形にするまで一週間かかった割には、食べてしまうと一瞬で終わってしまいますね。特に、息子の手にかかるとひとたまりもないです。 … そういえば、オンラインストアが終わってから、パウンドケーキを焼いたのです。 去年の暮れにラム酒に漬けておいたドライフルーツをたっぷり入れて。焼き菓子を作るのは久しぶり。みっしりして味が濃くて、手作りってこんな味だったな・・と。 濃いめの紅茶を入れて、ケーキを薄く切って、しばらくはお茶の時間を満喫しました! 春からずっと、服と染めのことで毎日を過ごしてきました。このように、ちょっとしたことで生活を楽しんだり、写真を撮ったり(服以外の写真も久しぶりに撮りました)ということもこの冬してみます!

カフェ日々さんへ

カフェ日々さんへ

先日は、長野市の善光寺門前にある、カフェ日々さんへ。 とびきりおいしいものを、久しぶりにゆっくりひとりでいただきました。 カフェ日々のりんこさんには、今年秋の東京展の時にカフェを出していただく予定だったのです。 でも、今年はもうわからないですねと話してきたところです。来年には東京で展示ができるとよいのですが・・・。 早く平和な世の中が戻ってきますように。それまでみなさま、元気で乗り切りましょう。

終わりました!

終わりました!

長々と作業していたホームページのメンテナンス、ようやく終わりました。 最後に、思いつきでオンラインストアのページをくっつけてみたら、また止まらなくなり・・オンラインストアもお使いいただきやすいよう、スッキリさせてみました。 見やすくするためのメンテナンスなのに、見やすくなっているのかどうか疑問です。 とりあえず一つ終わったので、今は確定申告&青色申告の集計をしています。こまめに記帳してはいるのですが、数字はやっぱり苦手です・・ 上は、今日のお昼に食べた Bún riêu Dalat. 二年前に行ったら閉まっていたお店でやっと食べることができました。 これは米の麺とカニのスープ。高原野菜の産地であるダラット風というだけあって、トマトやたっぷりの野菜が入っています。 酸味があるので、ベトナムでは夏に食べるのだそうです。酸味は、タマリンドや木の実(五倍子のできる木の親戚)からとるらしいですよ。 そういえば、最近サイゴンも暑くなってきました。少しずつ酷暑期に近づいています。

あともう少し

あともう少し

ウェブサイトのリニューアルはだいたい終わりましたが、あともう少しだけ手を加えたいところがあり、最後の作業をしています。サイゴンにいて、お天気もよいことですし、毎日フラフラ出歩きたいところですが、結局外に行かれないこの頃です(肺炎のあれもありますし・・)。これが終わったら、青色申告の集計です! 峰雪さんにお願いしておいたソープナッツ関係のものが、今日手元に届きました。去年、ベトナムの古都ホイアンにお店をオープンした峰雪さん。今回、そのお店から送ってもらったもの(日本へも送ってもらえます)。 大きなボトルはソープナッツリキッド。お皿洗いに使います。こちらはシナモンやバラが入っていて、とてもいい香りで飲みたくなります(飲めません)。袋は洗濯に使うソープナッツ、他のボトルはオーガニックのバラの化粧水とオイル。 私は色々とアレルギーがあるので、合成洗剤はじめ一般スーパーで市販されているものはほぼ使えないのです。ベトナムはオーガニックや自然系のものの選択がああり、とても助かります(タイ滞在の時は日本から持って行きました)。峰雪さんのお店に頼れるのもとても心強いです。 近所のバイン・ミー(ベトナムのサンドイッチ)屋さん。 やっと慣れてきたので、このようなスタンドで自分の好みのバイン・ミーをお願いできるようになりました。パテが定番ですが、ミートボールを入れてもらったり、ほぐした鶏肉を入れてもらったり。

オンラインストアにつきまして

オンラインストアにつきまして

秋のオンラインストアのお知らせです。10月24日(木)21時から10日間オープンしようと思います。 この秋の予定ですが、以下の通りです。 ◉10月1日(火)から3日(木)まで fog 2nd FLOOR(東京・下北沢 fog linen workさん2F)にて展示 ◉10月17日(木)から20日(日)まで グレインノート(長野・松本市)にて展示 ◉10月24日から11月3日まで オンラインストア オープン *オンラインストアは、時間がきましたらカートがオープンします。 … ここのところ、妹の犬を借りて、夕方散歩をしています。息子も一緒。犬の散歩を名目に毎日歩くためです。犬が待っていると思えば、歩くことを日課にするのも楽です。 犬の散歩で歩いているときに、ご近所のWさんにりんごをいただきました。 いただいたのは紅玉。なかなかお店に出ないし、出たとしても時期が短いので、いつも買い逃しています。 黒い点があるから処分しないとならないの、と言われたのですが、これで十分です。染めが落ち着いたら、アップルパイや煮りんごにします。 この秋はじめてのりんご。あぁ、とってもありがたいです!

灰汁の準備

灰汁の準備

ようやく夏らしいお天気になってきました。 最近は紅茶が重く感じられ、ルイボスを飲んでいました。もっとさっぱりしたものが飲みたくて、庭のミントとレモンバームを摘んできて水出ししています(右はミントのみ)。冷たいものをたくさん飲むとお腹が痛くなるので(←子供かっ!?)、少しずつ香りを楽しんでいます。 ……………………………….. 先日、染め場の工事が終わったあとは、その勢いでアトリエの窓枠と裏口にはめる網戸を作っていました。 アトリエを建ててから、網戸がずっとなかったのです(ここ近年は、両面テープでネットを窓枠に貼り付けたりしていました)。作ろう作ろうと思っていて何年も経ってしまいました。あり合わせの材木を集めて、いざ作り始めたら三時間くらいで完成しました。もっと早く作ればよかった・・。 これでもう、作業中に蚊にわずらわされたり、スズメバチや蛇におどかされることもないでしょう。 さて、ようやく藍建ての準備開始です。薪ストーブの灰(りんごの木など)をとってあったものを、ふるいにかけて炭などをとりのぞきます。全部で20キロありました。 お湯を灰に注いで混ぜ、上澄みを使います。とりあえず使う分、10キロの灰で灰汁をとって、ひとまずここはおしまい。次はこの灰汁を使ってすくも練りです。

工事、ほぼ終了

工事、ほぼ終了

染め場の工事がほぼ終わりました。 下の画像は、二面目のデッキの制作がもう少しで終わるところ。週末は水道管工事をしてもらい、排水管もさきほどやり直しました。これでもう使えます。 使っている洗濯機は、糊抜き用、白物用、染物用、藍染用(脱水機)、ドライ用、家族用などなど、いくつかあります。それらを新しいデッキに配置したら、シンク、洗濯機、シンク、洗濯機、シンク、洗濯機・・というように、一体何台シンクと洗濯機があるんだいっっ!とつっこまれそうなレイアウトになりました。 台所の鍋とちいさなタライで始めた染め仕事。染める服の数も増え、色も増えるにつれ、染め場も手狭になり、シンクを買い、大きな鍋を買い、作業場に少しずつ手を加えながら染めてきました。 でも、使っているうちに、不便なところがいろいろと出てきたのです。今回はそれが一気に改善できて大満足です! …………………. 下の画像は、バタフライチキンをやってみたい、という夫のリクエストで、買ってきた鶏をさばいているところ(バタフライチキンというのは、開いてぺちゃんこにのして調理した鶏です)。 夫が握っているのは、バンコクのチャイナタウンで買った中華包丁。大のお気に入りのようです。この包丁できゅうりやトマトのような野菜まで切るので、見ている方はヒヤヒヤしています。

あと一週間

あと一週間

関東や西日本ではそろそろ桜も見頃なのですね。迷惑この上ないスギ花粉も飛んでいるようですが、みなさま、それに負けずに今年もきれいな桜の花を楽しめますように。 長野は、桜の見頃まではまだ先。今年こそ写真を撮りに行きたいです(上の写真は何年か前のもの)。 サイゴン滞在も残すところあと一週間となりました。ここを発つギリギリ前にならないと日本に発送できない布関係の荷物があり、それが気がかりですが、問題なく乗り越えられるよう願うばかりです。 写真を撮ってもいい?とお願いして撮らせてもらった上の女性は、公園へ行く途中の路上で屋台をだしています。 彼女が売っているのは、ベトナムのデザート「チェー」。このカートに椅子を乗せてあちこち移動しているので、いつものところにいないこともあります。 先日頼んだのは、この二つ。 バィン・フランというベトナムのカスタードプディングに、濃いコーヒーと割った氷を入れたもの(左)。南国の、しかもコーヒーどころベトナムらしい食べ方ですね。 右はバィン・チュオイというバナナプディングとココナツミルクのチェー。タピオカ粉(片栗粉のようなもの)で作ったバナナプディングは、モチモチしています。つぶつぶのタピオカと割った氷も入っています。ココナツミルクはほんのり甘いのですが、少し塩気が効いています。 ベトナム語の「バィン(Banh)」という言葉は、粉でできたケーキやお菓子を指す言葉のようです。 面白いのは、どう考えてもこれは中国語の「餅(bǐng)」から来ているのではないか?ということ(中国語の「餅」は、小麦粉を平らにのして、焼いたり揚げたりしたもの)。この言葉が指すものが、ベトナム流に変化して行ったのでしょうね。 日本語の「餅」は、お正月に食べるお餅ですしね。元の言葉が同じとは思えない進化の仕方。言葉って面白いですね。