昨日の藍建ての続きです。

灰汁を少し足して、足で踏むこと一時間。もちもちふわふわして7分立てのクリームのようになったところで、陶器の甕へ移しました。

今回の甕はちょっと小さかったみたいです。もうあと少し灰汁を足せば、満杯になってしまいそう。

かなり藍の葉がほぐれて、ペースト状になりました。しかし、今の状態はただの茶色の液体。これから藍色がでてくるなんて信じられないですよね。

今日はとなりの市庁へ行く用事があったので、涼しい朝のうちにと出かけていきました。

最寄り駅からうっかり違う路線に乗ってしまい、気がついて降りたのは無人駅。こうして強制的に体を休めるのもたまにはいいなと思いながら、田んぼから吹いてくる涼しい風をたのしみつつ、ぼーっと電車がくるのを待っていました。緑が濃いこと!すぐ帰ってくるつもりで本も持って行かなかったので、目も休まりました。家にいれば必ず何かしら動いていますから・・。

振り出しに戻った時には一時間のロス。たまにはこんな日もありますね(実は路線を間違えたのは初めてではないのですが)。

シェアする share: