ここのところ、ずっとミシンに向かっていたのですが、気がついたらお盆が終わっていました。

お天気も変わってきて、すっかり肌寒くなりました。雨が降ると、午後のアトリエは真っ暗で洞窟の中のよう。夏の終わりはいつもなんだか悲しい気持ちです。

この8月も暑い夏でしたね。袖なしの服がほしいと本気で思いました。あのくらい暑いと、カディでも袖が長いのは勘弁です。

来年は袖なしをもっと作りたいと思います。


うかうかしているうちに、藍もすっかり建っているようです。

灰汁を徐々に足してかさを上げなければならないのですが、それも終わらないうちに・・。しばらくアンモニアの匂いが強かったのですが、今は甘い香りがします。

今回は、仕込みにすくもと灰汁だけしか使っていません。発酵建てにほぼ必ず使う石灰もふすまも酒も全く入っていません。これでも建つんですね。

井戸水の水位が低かったのと、あまりに暑かったので、染めもずっと休んでいました。雨も降り始めて水の心配もなくなったので、ミシン仕事が一段落したら、藍から手をつけようかと思っています。

シェアする share: